こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

ライブハウス支援「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」総額が1億2千万円を突破。11名のアーティストによる支援ソング『斜陽』を発表。

ライブハウス支援「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」

タワーレコード株式会社では、協力企業各社ならびに協力アーティストとともに、7月23日(木)よりライブハウスを支援するプロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」第四次支援募集を開始する。

4月~6月で毎月実施した過去三回の緊急支援募集では、総額1億2千万円超の支援金を全国のライブハウスへ送金することができた。タワーレコードは支援者への感謝を示すと同時に、7月23日(木)から7月31日(金)の期間、第四次支援募集を実施する。

また、今回も支援グッズが3種類から選択可能となる。初回から販売されてきた月替わりカラーのピンズに加えて、「WACK×LFLHコラボエコバッグ」が新たに登場。さらに当プロジェクトのためにKj(Dragon Ash)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、Chara、Tokyo Tanaka(MAN WITH AMISSION)、セントチヒロ・チッチ(BiSH)らバンドやグループの垣根を超えて総勢11名が参加したライブハウス支援ソング『斜陽(ヨミ:しゃよう)』が完成した。この楽曲のダウンロードコードとKjデザインのバンダナを併せたセットを支援グッズとして販売する。

全国各地のライブハウスがコロナ禍を乗り越えて元通りの運営を再開できるのは、まだ先の未来になると予想される。今回の第四次支援募集でも多くの支援を募ることができるよう、過去3回と同様に賛同アーティストが生出演するトーク番組が7月23日(木)19:00から無料配信される。

なお、支援グッズ販売を通した支援金サポートの形でのプロジェクトは、今回が最後を予定している。「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」プロジェクトは、今後も各地のライブハウスの継続的サポートに尽力していく。

LIVE FORCE, LIVE HOUSE. Project サイト

http://liveforcelivehouse.com

<支援グッズラインナップ> ※画像左から右へ。
① LFLHピンズ:販売価格 3,000円
② WACK×LFLHコラボエコバッグ:販売価格 3,500円
③ LFLHバンダナ(Designed by Kj)+ライブハウス支援ソング『斜陽』ダウンロードコード:販売価格 3,500円

第四次支援グッズ

<ライブハウス支援ソング『斜陽』>
アーティスト、バンド、リスナー、音楽を愛する者たちにとって大切な場所「LIVE HOUSE」。この場所を大切にする思いで集まったアーティスト達によって生み出された楽曲『斜陽』。

■ユニット名 LFB(LIVE FORCE BAND)

■作詞 Kj(Dragon Ash)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)
Hello my friend 僕らは 離ればなれのままで
窓を開け 想いを重ね合わせ

何処でもいいよ 目を閉じれば
すぐに飛んで行ける

さあ 日常に少しの 歌声を 音に乗せて繋げよう
大いなる退屈な日々に 打ち鳴らす 鐘の音

Hello my friend 僕らは 一人はぐれたままで
音寄せ 想いを拾い集め

覚悟はいいかい 両手広げて
夢に飛び込め

さあ 日常に少しの 歌声を 音に乗せて繋げよう
大いなる退屈な日々に 打ち鳴らす 鐘の音

誰もが胸に秘めた 痛みをずっと 抱えて今日も
それでもいいんだ 目を閉じれば すぐに飛んで行ける

さあ 日常に少しの 歌声を 音に乗せて繋げよう
大いなる退屈な日々に 打ち鳴らす 鐘の音

 
■作曲 ギター:Kj(Dragon Ash)、ドラム:金子ノブアキ、ギター:Masasucks(the HIATUS)、ベース:NAOKI(10-FEET)、エレピ:ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、トランペット:タブゾンビ(SOIL&”PIMP” SESSIONS)、ヴァイオリン:岡部磨知、チェロ:水野由紀、Vocal :Kj(Dragon Ash)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、Chara、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、Tokyo Tanaka(MAN WITH A MISSION)、ミックスエンジニア:草間 敬(KURID INT'L)

■参加アーティストコメント
金子ノブアキ
「今作のデモを作っていたけんちゃんから連絡を受けて作り始めたのですが、気が付けば沢山の仲間が集う一大楽曲となりました。我々の魂が焼き付けられた生涯忘れられない曲です。けんちゃんありがとう。(ライブハウスは)僕の育った故郷であり、奇跡とエネルギーに満ちた美しい場所。他の何も替わる事は出来ない。絶対に失われてはならない。ライブシーンの輝く未来を必ず取り戻しましょう!」
金子ノブアキ

Chara
「フォーーーーース! Love Chara xxx」
Chara

Kj
「音楽が鳴り止まない様に 僕らに出来る事を僕らのやり方で楽しみながら戦いながら」
Kj

ホリエアツシ
「4月末にKjから『ねぇ暇人』と連絡をもらって、オンラインで一緒に曲を作ろうと主旨の説明もなしに誘われました。蓋を開けてみたらこんなにたくさんの素晴らしいミュージシャン達とのコラボレーションになって、完成した『斜陽』のMVでは最後のサビで不意に泣きました。全国の親愛なるライブハウス、スタッフ、オーディエンスの皆さん、音楽を表現し共に楽しむ僕らの生きる場所、ライブでまた会える日を心から望んでいます。『LIVE FORCE, LIVE HOUSE.』に関わるたくさんの人達の尽力と協力と思いに感動しています。皆んなのライブハウスが存続していく支えとなりますように。」
ホリエアツシ

セントチヒロ・チッチ
「それぞれの生活を生きている人たちが音楽に向かってひとつに集まるライブハウスという場所がわたしは大好きで大切です。Kjさんから誘っていただいて『斜陽』を歌えたことで音楽の楽しさと仲間への愛を教えてもらいました。大切な場所、大切なあなた方のことを想って歌っています。LFLHの愛のパワーが届きますように。」
セントチヒロ・チッチ

Tokyo Tanaka
「同ジ時代ヲ生キル仲間達ト共ニコノ曲ヲ通シテ大切ナ場所ヲ守レタラ最高デス。参加スルキッカケヲクレタ仲間『Kj』ニモ感謝。」
Tokyo Tanaka

▼Masasucks、NAOKI、タブゾンビ、岡部磨知、水野由紀
参加アーティスト

<配信番組>
第四次支援募集の開始に当たり7月23日(木)19:00~20:30(※予定)で、この支援プロジェクトへ賛同したアーティストが出演するトーク番組をYouTubeで配信する。
番組タイトル:ライブハウス支援プロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」第四次支援 生配信!
配信URL:https://youtu.be/HMpPENsbIiM
出演者:Kj(Dragon Ash)、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、NAOKI(10-FEET)、and more… MC:大抜卓人(FM802)
 
<第四次支援の仕組み>
7月23日(木)18:00より各地のライブハウスへ支援金を送金するプラットフォームから、このプロジェクトにご賛同いただける支援者の方へ支援グッズを販売し、そこから得られた利益全額を支援金として全国(約400店)のライブハウスへ送金する。※プラットフォームのご利用方法は後述。
募集期間:7月23日(木)18:00~7月31日(金)23:59
支援先の申し込みは、8月1日(土)23:59まで受け付け。

<支援募集結果>
■ 合計結果
支援グッズ売上金額 140,189,500円
ピンバッジ制作原価・梱包及び送料・クレジット手数料 20,066,961円
支援金総額 120,122,539円

■ 第三次支援 募集結果
支援グッズ売上金額 35,222,500円
ピンバッジ制作原価・梱包及び送料・クレジット手数料 5,905,702円
支援金総額 29,316,798円

※地域ごとの支援金内訳はプロジェクト・サイトで公開しています。

<プロジェクトの目的>
ライブハウスは、リスナーにとってもアーティストにとっても生きがいや心の支え、生きる力”LIVE FORCE“を与えてくれるところ。今回のプロジェクトは、その”LIVE HOUSE”を支援するためのリスナーやアーティストが参加できる公正なプラットフォーム作りを目的とします。

<プロジェクト協力企業>
株式会社マウントアライブ、株式会社ジー・アイ・ピー、株式会社クリエイティブマンプロダクション、株式会社キョードー北陸、株式会社サンデーフォークプロモーション、株式会社キョードー大阪、株式会社夢番地、株式会社デューク、株式会社キョードー西日本、株式会社ワールド・ワイド、株式会社SKIYAKI、株式会社エンノシタノチカラモチ、株式会社スペースシャワーネットワーク、株式会社NexTone、タワーレコード株式会社
協力企業からのメッセージ
全国でのイベントの自粛や中止をうけ、それぞれのローカルのシーンと結びついて最も身近に音楽を楽しむ場所であり、音楽が生まれる場所でもあるライブハウスが経済的なダメージを受け続けており、しかも長期化の様相を呈しています。是非、みなさんのプロジェクトへの賛同とご協力をよろしくお願いします。

<プロジェクトマーク>
疫病退散の妖怪”アマビエ”をモチーフにプロジェクト名をデザインしています。
プロジェクトマーク
<プラットフォーム利用方法>
●STEP1 支援グッズの購入
支援者は、特設サイトからプロジェクトの支援グッズを購入します。その売り上げから制作費、発送費を除いた金額が支援金となります。
●STEP2 支援先の選択
支援者は購入の際、支援先の地域やライブハウスを選択できます。地域を選択した場合、各ライブハウスの規模から算出した金額を配分します。
●STEP3 ライブハウスへの送金
第四次支援金(7月31日締め切り)は、8月中旬に各ライブハウスへ送金を予定しています。第四次以降の実施期間は特設サイトにて随時発表します。

  • 店舗でもオンラインでも全品ポイント10%還元キャンペーン
  • WACK × TOWER RECORDS キャンペーン
  • TOWER DOORS
  • Mikiki - music review site