こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

「釣りキチ三平」などで知られる漫画家の矢口高雄さんが逝去。享年81歳

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2020年11月26日 09:52

「釣りキチ三平」などの作品で知られる漫画家 矢口高雄さんが、11月20日に亡くなったことが明らかになった。享年81歳。次女のかおるさんが矢口さんの公式Twitterを通じて発表した。

 

 

矢口さんは1939年に秋田県で生まれ、1970年に漫画家へ転身。1973年に「週刊少年マガジン(講談社)」にて「釣りキチ三平」の連載が開始し、日本中に釣りブームを巻き起こした。1974年に「幻の怪蛇バチヘビ」、「釣りキチ三平」で第5回講談社出版文化賞(児童まんが部門)を受賞。1976年には「マタギ」で日本漫画家協会賞大賞を、2007年には中国の漫画賞「金龍賞」で「海外漫画傑出貢献賞」を受賞した。なお、「釣りキチ三平」はTVアニメのほか、実写映画化もされるなど長年にわたって親しまれていた。

 

 

心よりご冥福をお祈りいたします。