こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

BTS、米ビルボード年末決算チャートで「トップアーティストデュオ/グループ」、「ビルボード200 アーティストデュオ/グループ」いずれも1位獲得。全7部門で首位席巻

カテゴリ : K-POP タワーレコード オンライン ニュース | タグ : K-POP

掲載: 2020年12月04日 18:42

BTS
Photo by Big Hit Entertainment

BTSが、12月3日(現地時間)に米国音楽専門メディアのビルボードが発表した2020年年末チャートにて、「トップアーティストデュオ/グループ」と「ビルボード200 アーティストデュオ/グループ」、「デジタルソングセールスアーティスト」、「ソーシャル50アーティスト」、「ワールドアルバムアーティスト」、「ワールドアルバム」、「デジタルソングセールス」など全7部門で1位を獲得した。

韓国アーティスト初でメイン・シングル・チャート「HOT100」1位を獲得したBTSは最新チャート(12月5日付)でも韓国語歌詞の新曲“Life Goes On”で「HOT100」首位に立ち、ビルボード・チャート62年の歴史を塗り替えた。大衆音楽史に唯一無二の記録を出し続けている彼らはビルボードの2020年末チャートでも存在感を示した。

BTSは「HOT100 アーティストデュオ/グループ」3位、「トップセールスアーティスト」2位、「インディペンデントアーティスト」2位、「ビルボード200アーティスト」18位、「HOT100アーティスト」42位などにも入った。

デジタル・シングル“Dynamite”と韓国4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』も好成績を得た。“Dynamite”は「デジタルソングセールス」1位をはじめ「HOT100ソング」38位、「オンデマンドストリーミングソング」50位を獲得し、『MAP OF THE SOUL : 7』は「ワールドアルバム」1位、「インディペンデントアルバム」2位、「テイストメーカーアルバム」2位、「トップアルバムセールス」3位、「トップカレントアルバムセールス」3位、「ビルボード200アルバム」20位になった。

ビルボードは「BTSは2020年末チャートで初めて「トップアーティストデュオ/グループ」1位を獲得した。3月『MAP OF THE SOUL : 7』で「ビルボード200」で通算4度目の1位を記録し、アルバムのリード曲“ON”はその週の「HOT100」で4位になり、当時自己最高順位を記録した。9月“Dynamite”で3週間「HOT100」1位になり、「韓国アーティスト初」の記録を立てた。年末チャート集計期間中“Savage Love (Laxed - Siren Beat)”でも「HOT100」チャートで2度目の1位を獲得した」と説明した。

さらに、ビルボードは「BTSはビルボード「ソーシャル50」チャート史上最も長い期間で1位を獲得し、新しい記録を立てた。2017年7月29日から1位になって、毎週首位をキープしている」と高く評価した。

BTSが所属しているBig Hit Entertainmentは「ワールドアルバムレーベル」と「ワールドアルバムインプリント」ですべて1位を手に入れた。ほかにも「インディペンデントインプリント」2位、「インディペンデントレーベル」3位を記録した。

ビルボードが毎年発表する年末チャートは1年間各部門で最も人気があったアルバムや楽曲、アーティストを選定し、順位を決める。2020年末チャートは2019年11月23日から今年11月14日までの各チャートの実績を合算し順位を決めた。

 

▼リリース情報
BTS
ニュー・アルバム
『BE (Deluxe Edition)』
NOW ON SALE


 

▼映画情報
『きみの瞳(め)が問いかけている』
公開中
出演:吉高由里子 / 横浜流星 / やべきょうすけ / 野間口徹 / 奥野瑛太 / 般若 / 坂ノ上茜 / 田山涼成 / 岡田義徳 / 森矢カンナ(友情出演) / 町田啓太 / 風吹ジュン
監督:三木孝浩
主題歌:BTS“Your eyes tell”
公式HP:https://gaga.ne.jp/kiminome/
公式Twitter:@kiminome_movie
公式Instagram:@kiminome_movie
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント