こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

ミュージカル「僕らのイケメン青果店」いよいよ開幕! 22日まで池袋・サンシャイン劇場にて上演

連載
K-POP LOVERS!
公開
2015/02/17   21:00

 

 

韓国発のミュージカル「僕らのイケメン青果店~チョンガンネ」の日本公演が、2月16日よりスタート。初日の昼にマスコミ向けに公開舞台稽古と記者会見が行われた。

この作品は、小さな青果店を年商300億の食品流通会社にまで成長させた青年実業家の実話をもとにした5人のイケメンたちの物語。小説からスタートし、ミュージカルやドラマになり日本にも上陸。ミュージカルの日本版は、D-BOYSの演劇ユニット公演〈Dステ〉初のミュージカル「チョンガンネ 〜おいしい人生お届けします〜」として2013年春に上演、同年秋には韓国版オリジナルミュージカル「僕らのイケメン青果店~チョンガンネ」がアミューズ・ミュージカルシアターで初の日本公演、2014年2月には新大久保でアンコール公演が行われた。今回は3回目の来日公演になる人気作品だ。

店長のテソンが営む〈チョンガンネ青果店〉には、商社マンとして輝かしい未来を約束されていたミンソク、ホストクラブに勤めていた経験を持つ悩める20代のジファン、夢を求めアメリカ留学から戻って来たユンミン、済州島出身で軍を除隊したてのチョルジンが勤務。劇中では、過去も性格も異なる若い5人の独身男=チョンガンネたちが、仲間と共に青果店を成長させていく姿はもちろん、個々に悩みを抱えながら前に進もうとする様子を表現。それぞれの心情に合わせたミュージカル楽曲たちもまた、ときに楽しく、ときに切なく響き、会場全体を盛り上げていく。

 


(C)「LIVE・AMUSE/2015」

 

公開舞台稽古では、テソン役がミン・ウヒョク、ミンソク役がイム・ガンソン、ジファン役がCROSS GENEのセヨン、ユンミン役がBOYFRIENDのドンヒョン、チョルジン役がTEENTOPのリッキーというラインナップ。壁にぶつかりながらも互いに信頼しながら進むテソンとミンソク、異なる立場で悩みを抱えるジファンとユンミン、仲間と母を大切に思う優しく実直なチョルジンと、5人それぞれが個性豊かな若者たち好演。はつらつとした声も楽しい5人での歌唱パートや、1人ずつソロで魅せる場面もあり、見どころたっぷりのミュージカルとなっている。

 









 

 

公開舞台稽古の後におこなわれた記者会見では、初日を迎えての意気込みなどさまざまな質問が寄せられた。アイドルとミュージカル俳優という違うジャンルで活動する他のキャストから受けた刺激は?という問いに、イム・ガンソンは「若い男性を描いた作品なので、彼らと共演することで面白くなるだろうなと思っていましたが、練習を始めると予想以上にすごく上手で、センスがあるなと感じました」、ミン・ウヒョクは「ジャンルは違いますが、舞台に立つ舞台人であることに変わりはないです。やっぱり彼ら(アイドルたち) もプロだと感じました。練習もすごく楽しくできました。僕とリッキーは12歳違うんですが、そんな彼と演じてみて、自分まで若くなった感じもします。舞台の上で僕たちが楽しく遊んでいる感じも出せると思いますので、ぜひ期待してください」とコメント。また、バレンタインが終わったばかりということで、バレンタインの思い出を聞かれると、セヨンが「僕の顔をかたどったチョコをもらったことがある」、リッキーが「ファンの方以外からもらったことがないんです。兄が小学校の時人気があったので、やきもちを妬いて、兄がもらったチョコを食べたりしていました」と話、ドンヒョンは「チョコレートがあまり好きじゃないんです。それで、思い出もありません……。みんなの愛がほしいです」と会場を沸かせていた。

〈「僕らのイケメン青果店~チョンガンネ」〉
日程:2015年2月16日(月) ~ 2月22日(日) 全12回公演
会場:サンシャイン劇場 (豊島区東池袋3-1-4サンシャインシティ文化会館4階)
料金:全席指定 10,800円(税込)
上演時間:100分(休憩なし) 日本語字幕あり
※スケジュール他詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。

<チケット好評発売中>
チケットのお問合せは、キョードー横浜 045‐671‐9911(日・祝除く 10時~18時)まで

「僕らのイケメン青果店」オフィシャルサイト:http://www.ikemenseikaten.jp

 

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る