こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

CODE-V“DANCIN’ CIRCLE”発売記念インタビュー

INTERVIEW(2)――“イントロ”は、正直あんなに盛り上がるとは思わなかった

連載
K-POP LOVERS!
公開
2015/11/21   18:00
テキスト
interview:長澤香奈(タワーレコード)

 


初回生産限定盤A ジャケット写真

 

“イントロ”は、正直あんなに盛り上がるとは思わなかった

――11月25日にリリースされるシングル“DANCIN’ CIRCLE”に収録されている3曲は、先日まで行われていた〈秋のハロウィンツアー2015〉でも披露されていましたが、今回のライブは、2人体制の集大成のようなの内容でしたね。

ウシク「昨年末はゆうぽうとホールでライブがありましたけど、2人体制になってからは、ホールでのワンマンはなかったんです。でも、1回1回ライブをするときに、そのときの感動を全国にいるみなさんに伝えようと頑張った分、多くの方が遊びに来てくれたし、僕たちを初めて知ってくれた方もたくさんいて。大きな会場でライブをすることも素敵だけど、それが全てではないってことを改めて感じました。ハロウィンがコンセプトだったので、毎日がハロウィンみたいに感じていて、僕たちは一週間がずっと楽しいハロウィンでしたね」

――約1週間で全国6か所を回るというスケジュールは、大変ではなかったですか?

ウシク「でも、ツアーの時の体調管理は自分ですることだから。1か所1か所が離れているし、完全に別の場所じゃないですか。だから、毎回のステージで100%以上出したい!っていう気持ちで常にのぞんでいたし、楽しくできたライブでした」

テフン「今回のハロウィンツアーが、今年2回目のツアーでしたけど、昨年ソル先輩がいたときと同じ会場もありまして。でも改めて2人で最後のツアーだって思って会場にいったら、いろいろ思い出が蘇ってきて、その感情を持ってライブをして、みなさんとまた新しい思い出ができたりして……。そういう部分でまた新しい気持ちが芽生えたツアーでした。これまでも頑張ってましたけど、2人で最後のツアーということで、これまで以上にもっといろんなものを見せれるように頑張ったんで、毎回の会場が新しい感じの……。僕も新たな発見が多かったツアーだったんですね」

ウシク「2人体制で発表したなかでも、これまでライブでやらなかった曲をみなさんに聴いてもらうために、いろいろ相談しながら作りました。アンコールで、“Spring Love”のカップリング曲の“イントロ”をやったんですけど、正直あんなに盛り上がるとは思わなくて。僕はこういうジャンルの曲好きなんですけど、これを2人で歌ったらどうなるのかな?って思ったんですけど、アンコールで歌ったら、みなさんが盛り上がってくれて嬉しかったですね」

 

2015年の春ツアーで、プロデューサーさんに初めて褒められました

――正直、2人が加入してからの2年間を振り返ってみて、早かったですか?

ウシク「早かったです」

テフン「あっという間でした」

ウシク「スタッフのみなさんも同じだと思うんですけど、忙しかったのもあるし、上手くできないことも多かったから、みなさんが支えてくれなかったらどうなってたかなって……。僕らも色々とありましたけど、その分周りのみなさんがサポートしてくれて。記憶のなかではこの2年は一瞬です」

テフン「正直、1日1日の密度が濃かったから、1日の感じ方としては長いんですよ。一週間も長く感じたりして。でも、振り返ってみると、あっという間です」

――2年の活動の中で一番記憶に残っていることは?

ウシク「僕はまず、ソル先輩と一緒に取材を受けたこと。日本語があまりうまくないから、ソル先輩がいなかったら、本当に大変だったと思うんです。でもソル先輩がうまくケアしてくれて、楽しくインタビューができたんで、大切な思い出です。あと、ゆうぽうとホールの公演も準備とか、ソル先輩のフェアウェルイベントで、毎回ソル先輩が泣いていたのも思い出深いです。今年に入ったら、“Spring Love”の準備が忙しくて、そのときにまた2人でレコーディングしたり、プロモーションをするのが初めてだったから、不安な気持ちもありつつ、みんなで作っていくのが楽しかったですね」

――基本的に準備とか、作っていく作業の思い出が多いんですね。

ウシク「日本のエンターテイメントに触れて感じたことなんですけど、何回も会議をしながらスタッフのみなさんと何かを決めて、そのゴールに向かって進んでいく感じが、本当に家族みたいなつながりになっているんじゃないかなって、個人的に思いますね」

テフン「僕は日本に来たばかりのときに、ステージに立つこともなく、ずっと練習しては怒られて、褒められることが1回もなくて、ファンのみなさんにも会えない日々が続いたんですね。毎日怒られながら練習したんですけど、その準備期間があって、徐々にファンのみなさんに会える機会ができて、初めて〈遂にここまできたな!〉って思ったのが、ゆうぽうとホールでのライブだったんです。その時にまず、これまでの1年間を振り返って、自分自身に〈テフン、辛かったね〉って言って。その後、2人での活動がスタートして“Spring Love”を準備するときに、気持ち的にはまた新人になった気分だったんです。準備をしながら、ミュージック・ビデオを撮影したことも記憶に残ってて。2人での初めてのライブ・ツアー〈STARLIGHTツアー〉の福岡公演のとき、プロデューサーさんに初めて褒められました。日本に来てから初めてです!! 〈成長したんじゃないですか?〉って言ってくれて。もう、涙が出そうでした……」

 

 

〈CODE-V『DANCIN’CIRCLE』発売記念店頭企画〉
【CODE-V×TOWER RECORDSコラボレーションポスター掲出】
掲出期間:11月24日(火)~11月30日(月) (※掲出期間は店舗によって異なります)
掲出店舗:タワーレコード、TOWERmini全店

【パネル展+パネルプレゼント】
実施期間:11月24日(火)~11月30日(月)
対象店舗:計12店舗
札幌ピヴォ店/TOWERminiアリオ仙台泉店/新宿店/グランツリ―武蔵小杉店/浦和店/名古屋近鉄パッセ店/神戸店/梅田大阪マルビル店/梅田NU茶屋町店/難波店/北花田店/若松店
抽選方法:期間中に『DANCIN’ CIRCLE』をパネル展開催店舗でお買い上げいただいた方にCD1枚につき1枚抽選券をお渡しいたします。
当選番号は各店店頭で発表いたします。

〈NOTTV「MUSICにゅっと。」「K-POPコネクション」CODE-V放送回〉
前半:2015年11月23日(月)14時~ 後半;2015年11月30日(月)14時~
※放送日夕方よりオフィシャルサイトで見逃し配信あり。
https://musicnyt.jp/

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る