こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

U-KISS『One Shot One Kill』発売記念イベント @東京ドーム ラクーアガーデンステージ(2016年3月26日)

連載
K-POP LOVERS!
公開
2016/03/31   18:30

 

 

3月23日に日本で5枚目となるオリジナル・アルバム『One Shot One Kill』をリリースしたU-KISSが、3月26日に東京・ラクーアガーデンステージにて発売記念イベントを開催した。

 





 

今回のプロモーションでは、大阪、広島、名古屋、神奈川と、日本各地を回ってきたというU-KISS。各地でパフォーマンスやトークを繰り広げ、KISSme(=ファン)との時間を過ごしてきたこともあり、「一週間が早いね~」とケビンが呟く場面も。今回のアルバムは、「U-KISSとKISSmeの1年間の思い出が入っているアルバム。“One Shot One Kill”は、タイトル通り、KISSmeのみなさんを1回で誘惑するつもり、という意味を込めています」(フン)とのことで、フンが客席に「だから、誘惑される用意、できましたか!?」と投げかけると、大きな声援が起こった。続いて、2015年の活動をまとめた「U-KISS Days in Japan vol.5」、ミュージックジャパンTVのレギュラー番組「U-KISSの手あたりしだい!」と、アルバムと同日発売のDVDの内容にも触れ、それぞれの魅力を語った。

 







 

ライヴ・パートでは、キソプ作詞作曲の切ないバラード“Illusion”をしっとりと聴かせたところで、メンバーは一度マイクチェンジでステージを退場。その後、ケビンとジュンのみが戻り、「2人になったらこの曲を歌いたい」(ケビン)と、アカペラで“DON'T BREAK US DOWN”を歌い、会場を盛り上げた。続いて前作シングル“Kissing to feel”、ステッキを使ったパフォーマンスや、コミカルなダンスも楽しい“One Shot One Kill”と、アルバムから3曲を披露したところで、握手会になる……と思いきや、ファンからの声援に応え、“Rock Me”へ。「限界を超えましょう!」というフンの言葉通り、激しいダンスと力強いパフォーマンスに大きな声援が送られた。

 

 

 

 

 

元気づけてくれるような魅力に溢れ、ファンと一緒に盛り上がれる振り付けも楽しいポップ・ソング“Stay Gold”、セクシーなパフォーマンスも話題のアップ・チューン“Kissing to feel”と、まったく異なる2作のシングル表題曲を含む今回のアルバム。ファンキーなタイトル・ナンバー“One Shot One Kill”は、ミュージカル出演経験を豊富に持つU-KISSメンバーならではの表現力の高さと、遊び心たっぷりのヴォーカルが楽しめる、これまでにない仕上がりだ。加えて、配信限定だったフンの“HEART STRINGS~言えないコトバ~”、フィーチャリングでジュンが参加したケビンの“DON'T BREAK US DOWN”、スヒョンのソロ・デビュー曲“君だけを”のアルバム・ヴァージョンも収録。さらに、切なくも美しい“Illusion”はキソプが作詞作曲を手掛けるなど、アーティストとして進化を遂げたU-KISSを堪能できる内容となっている。

そして、同日発売の「U-KISS Days in Japan vol.5」のプロモーション映像には、昨年タワーレコード渋谷店B1〈CUTUP STUDIO〉で行われたリリースイベントの模様も収録されているので、ぜひチェックを!

 

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。ご了承ください。

 

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る