こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

超限定!元バトルスの天才タイヨンダイ・ブラクストンの新作

掲載: 2016年06月20日 19:12

Tyondai Braxton

フリージャズの巨匠アンソニー・ブラクストンを父に持ち、ポスト・ロックの最重要バンド、バトルスの元メンバーでもあり、"この10年で最も評価されている実験音楽家"と評されるタイヨンダイ・ブラクストンが、予想を遥かに超えた冒険的内容と完成度の高さがリスナーの度肝を抜いたアルバム『HIVE1』に続く、最新作『Oranged Out E.P.』(世界限定1000枚プレス!)を現代音楽の名門レーベル〈Nonesuch Records〉よりリリース。前作『HIVE1』はモジュラーシンセを用いたエクスペリメンタルな電子音楽に、舞踏のようなリズムを投入した生々しくもイマジナティヴな大傑作だったが、今作『Oranged Out E.P.』は前作で実践されたエレメントをさらに拡張させた楽曲集である。またタイトル曲「Oranged Out」をはじめ各楽曲にはサンプル・ボイスと電子音のループ、そこに分断的なリズムがレイヤーされ、ポスト・インターネット時代のバレエ音楽、はたまた21世紀の「春の祭典」と言っても過言ではない、これまでにない祝祭感覚が導入されている。いまや21世紀を代表する実験音楽家として活躍するタイヨンダイがまた音楽の新たな未来を切り開く作品を生み出した!