こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ミラノ・コンスタンティン(Milano Constantine)、 D.I.T.C.総出のお蔵入りアルバムがCD化

タグ : ラップ/ヒップホップ リイシュー

掲載: 2018年03月05日 08:56

Milano Constantine

Big Pun、Fat Joeに続く"ビッグ"なMCとして鮮烈デビューを期待され、Lord Finesse、Showbiz、Buckwildら巨匠達がこぞってプロデュース参加し制作されたものの、結局は日の目を見ることなくお蔵入りとなってしまった、D.I.T.C.作品の中でも1、2を争う幻のマスターピースが遂に正規CDリリース!

Marco PoloとDJ Skizzによるプロデュースのもと新録アルバム『The Way We Were』で久々に表舞台にカムバックを果たしたDiggin' In The Cratesの古参構成員"Milano"ことMilano Constantine。NYCアングラ・ヘッズには2000年前後に残した幾つかのドープな12"レコードでも知られるところで、まさしく本作は当時の次世代D.I.T.C.を背負って立つラッパーとして期待が込められたクルー入魂のアルバムであった。そのリリース元として予定されていた某レーベルとの絡みか、当時引っ張りだこのプロデューサー T-Rayや、D.I.T.C.作品を数多くリリースしていたWild Life EntertainmentのAhmed (Amed)も大きく関わっており、かなり力の入ったプロジェクトだったことが見て取れよう。

アルバム本編は既にデジタルでリークされている部分ではあるが、今回の正規CD化に際しては、なんと2枚組全32トラックを収録、ディスク1にはオリジナル・アルバムを、ディスク2にはシングル曲のデモ・バージョンから完全未発表のお宝音源まで、Big Pun、Cuban Links、O.C.、Kool G RapらをフィーチャーしたN.Y.ブームバップ・ファン垂涎の17曲を収録。D.I.T.C.関連作最後の至宝と言っても過言ではないであろう、その貴重さと高いクオリティを併せ持った超ヘビー級の重要作だ。