こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Little Simz(リトル・シムズ)ニュー・アルバム『GREY Area』をリリース

タグ : ラップ/ヒップホップ

掲載: 2019年02月28日 09:59

Little Simz(リトル・シムズ)アルバム『GREY Area』

ジャンルを往来するサウンドと真摯なリリックで、ケンドリック・ラマーをはじめゴリラズ、アンダーソン・パック、アブ・ソウル、ローリン・ヒルら錚々たるアーティストたちを魅了するフィメール・ラッパー、リトル・シムズ。自身の3枚目となるアルバム『GREY Area』が3月1日(金)にリリースとなる。

今作の参加アーティストには、昨年10周年を迎え話題を呼んだレーベル〈Brainfeeder〉よりサンダーキャットとモノポリー、〈Ninja Tune〉と電撃契約したエレクトロ・バンド、リトル・ドラゴン、グラミー賞ノミネート経験もあるジャマイカのレゲエアーティスト、クロニックス、英国のソウル・ミュージシャン、マイケル・キワヌーカと、まさに今新しい時代の音を作り上げている、尖った印象のアーティストが並ぶ。

今作ではネオソウル、ディープファンクとエクスペリメンタル・ポップが見事に融合されながらも、彼女のルーツであるヒップホップとグライムの要素はそのままに、彼女自身のパーソナルな体験と社会風刺を同時に詰め込んだ包み隠しのない素直なリリックが次々と重なっていく内容だ。

このアルバム発表と同時に、ソウルフルな歌声を持つロンドンのシンガーソングライター、クレオ・ソルをフィーチャーした新曲「Selfish」もMVと共に公開。本楽曲は、既に公開されている「Offene」「Boss」「101 FM」に続き4曲目のシングルで、シムズが生まれ持つ類稀なラップの才能と、ソルのキャッチーなコーラスが合わさった心地よいファンク要素を含む1曲となっている。

過去2作のリリース後は瞬く間に音楽シーンに衝撃を走らせ、ヘッドライナー公演は世界中でソールドアウト。ここ日本でも初来日時のTAICOCLUB’17や先日のBACARDIのパーティーでは圧倒的かつエネルギーに満ち溢れたパフォーマンスで、見た者を一瞬で虜にしてしまった。北ロンドン出身、9歳からラップを始めた弱冠24歳の彼女は、すでに先鋭的な孤高のヒップホップアーティストとして幼い頃の自身の夢をとうに追い越した次元に達している。ーそして、その姿にインスパイアされた次の世代を牽引する存在になっていくだろう。

 

【収録曲】
01. Offence
02. Boss
03. Selfish (feat. Cleo Sol)
04. Wounds (feat. Chronixx)
05. Venom
06. 101 FM
07. Pressure (feat. Little Dragon)
08. Therapy
09. Sherbet Sunset
10. Flowers (feat. Michael Kiwanuka)
11. She *Bonus Track for Japan

Little Simz(リトル・シムズ)