こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

新たな時代の到来を予感させる大型新人!今、最もミステリアスで刺激的なバンド=black midi(ブラック・ミディ)のデビュー作

タグ : UK/US INDIE タワレコメン

掲載: 2019年05月15日 18:16

更新: 2019年06月21日 11:30

black midi

ロンドンを拠点に活動する今最も刺激的かつ謎多きバンド、ブラック・ミディが、〈ROUGH TRADE〉からデビュー・アルバムをリリース。
ジョーディ・グリープ(vo/g)、キャメロン・ピクトン(b/vo)、マット・ケルヴィン(g)、モーガン・シンプソン(ds)の4人で構成される彼らは、メディア露出も殆どなくその多くが謎に包まれるなか、常に変化するセットリストや圧倒的な演奏技術とオリジナリティー溢れる楽曲でゲリラ・ライブを精力的に行い、ロンドンでは噂が噂を呼んで一連のライブが即完売するなど、結成から僅か1年というスピードで、『UKアンダーグラウンド・ミュージック・シーンで今最もアツいバンド』という評判を早々に確立している。
最近では、米SXSWや北米各地でライブを行い、SXSWでは最も目立ったアクトとしてその名が挙がったほか、初のNYでの2公演も完売させた。米音楽メディアPitchforkは“不気味なほど正確でストイック”と評し絶賛している。
ブラック・ミディの楽曲は、ポストパンクでありながら、時にサイケデリック、ノイズ、プログレ、インディー、ブルースとジャンルの垣根を問わず縦横無尽に繰り広げられ、どのカテゴリーでも言い表せない全く新しいものであり、ロックの未来を提示する衝撃作がここに完成した。