こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈アーティストが選ぶ夏に聴きたいオススメ3選+αは?〉冨田ラボ 編

カテゴリ : キャンペーン | タグ : タワレコ夏のオススメ

掲載: 2019年07月01日 18:00

冨田ラボ

 

Shiplaunching<【2019Mix】SACD/CDハイブリッド>

 

Shiplaunching<【2019Mix】完全生産限定版アナログ>

 

冨田ラボの名作セカンド・アルバム「Shiplaunching」が、冨田恵一本人の手によるニュー・ミックス &名匠バーニー・グランドマンによるリマスタリングにより【2019MIX盤】として、待望のアナログ盤とSACD/CDハイブリッド盤を7/24にリリース。
さらに、冨田恵一のセルフライナーノーツが新たに追加掲載。
高橋幸宏+大貫妙子、SOULHEAD、田中拡邦(MAMALAID RAG)、CHEMISTRY、山本領平、YOSHIKAなど豪華ゲスト陣の参加も話題を呼んだ傑作。初となるアナログ盤は、冨田恵一監修、名匠バーニー・グランドマンによるカッティング。ソニー国内プレス盤!

 

 

活動15周年となる2018年、最新のジャズ・ソウルを基軸にし、今を輝く気鋭のアーティストらとのラボ(実験)は続いている。PETROLZ(ペトロールズ)を中心に活躍する長岡亮介、独自の世界観で注目を浴び続ける唯一無二のシンガソングライター七尾旅人。新世代のジャズシーンを牽引するWONK(ウォンク)のヴォーカルKento Nagatsuka、ヒップホップ女性2MCのchelmico(チェルミコ)、ブルースを基調としたギタープレイで話題のRei。また、その才能を冨田に絶賛された、沖縄在住の18歳のシンガーNaz(ナヅ)など 期待の豪華ゲストヴォーカル陣が参加。さらに、ジャケットは気鋭の画家EI KANEKO氏が担当。活動15周年に相応しい、これからの日本ポップスの一つ基軸となるであろう名盤が誕生!

 

冨田ラボ『M-P-C feat. Ryohu(RECORDING VIDEO)』

 

▼選盤テーマ:アーティストが選ぶ夏に聴きたいオススメは?

Louis Cole『Time』

アルバムに(かなり)先立って発表されていたアッパーなM_01から最高だけど、Knower路線から外れたM_03、M_04、M_11などのスロ~ミディアムが魅力的。Louisのソロでは以前から聴かれるSSWアプローチだが、繊細な表現に心が浄化されるよう。素晴らしいポップス・アルバムなので聴く環境を選ばないが、夏の夕暮れから夜にはハマりすぎ。

 

Things - Louis Cole

 

Claire Renee『Let Me Glo』

00年前後のネオソウルをベースとした作品は、20年ほど経ったいまでも年に数作はリリースされています。ネオソウルはソウルからもR&Bからも独立した1ジャンルとして確立された感がありますね。Claire ReneeのVOスタイルはErykah Baduの影響が色濃いですが、erykahの持つ神秘性を控えめにしたようなアプローチは非常に耳馴染みがよく、より涼しげです。

 

Claire Reneé - Yes You Are

 

Roland Kirk『Left & Right』

Kamasi Washingtonのサウンド・デザイン、古くはJaco Pastorius・Big・Bandにも影響を与えたと思われるRoland Kirkのラージ・アンサンブル作。といっても、管弦に関しては戦前ハリウッド~ポップス的なアプローチも多いのだが、Kirkのプレイ・スタイルにはピッタリ。60~70年代に南国のバーで聴かれたようなBGMをあなたも部屋飲みで。

 

▼選盤テーマ:夏に観たいオススメの映画は?

映画『バッファロー'66』

当時、YES、King Crimsonなどの楽曲使用が衝撃的で、それらの聴こえ方、存在理由が変わった。手法としてはサンプリングだが、細かいセグメントでなく、長尺での曲使用でそれを感じさせたのが新鮮。映像の質感と使用曲の親和性、そして違和感のバランスが肝だろう。20年前のサブカル映画のゆったりとした間合いも--配信海外ドラマのスピード感に慣れたいまも--不思議と冗長に感じない。

 

バッファロー'66(字幕版) - Trailer

 

▼2019年はタワーレコード日本上陸40年になります。タワレコに関する印象深いエピソードを教えてください。

大学生の頃からタワレコにはたいへんお世話になっているが、それ以前、札幌の小さなタワレコにも行ったことがある。レコードを買うと、おなじみ黄色いビニール製のではなく、タワレコのロゴが書かれた茶色い紙袋に入れてくれたと思う。長年謎に思っていたが、Wikipedia のおかげでいまはスッキリ解決しています。
日本上陸40周年おめでとうございます!

 

▼リリース&ライヴ情報

2019Mix & リマスタリング盤『Shiplaunching』アナログ
2019年7月24日 Release
MHJL-83 ¥3,700(税別)

2019Mix & リマスタリング盤『Shiplaunching』SACD/CDハイブリッド
2019年7月24日 Release
MHCL-10116 / ¥3,000(税別)

最新アルバム『M-P-C "Mentality, Physicality, Computer"』
2018年10月3日 Release
VIZL-1436 ¥5,800(税別)

オフィシャルページURL:http://www.tomitalab.com/
オフィシャルツイッターアカウント:@tomitakeiichi

あの人気アーティストが選ぶ!夏に聴きたい&観たい作品を大特集!

夏にオススメの1枚