こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Randy Goodrum(ランディ・グッドラム)|AORシーンを代表する名ソングライター、あまりに素晴らしき26年振りのソロ新作!

タグ : AOR ロック復刻&発掘

掲載: 2020年08月24日 12:13

Randy Goodrum(ランディ・グッドラム)

TOTO、スティーヴ・ペリー、マイケル・マクドナルド、ジョージ・ベンソン、ケニー・ロジャースなど、80年代に数多くのアーティストにヒットを提供し、自身のソロ・アルバムも絶大な人気を誇ってきたランディ・グッドラム。ジェイ・グレイドンとのユニット:JaR名義でのアルバム『Scene 29』(08年)も 話題を呼んだ彼が、『Words and Music』(94年)以来、実に26年ぶりとなる6作目のソロ・アルバムを完成! スティーリー・ダンにも通じるジャズ・フュージョン・マナーの都会派サウンドにSSW系のハートウォームな歌メロが融合されたランディ・グッドラム節はブランクなどまるで感じさせず、もちろん演奏陣も一流どころがズラリ。洒脱なメロディ、都会的なサウンド、ハイレベルなアレンジ、最高の参加ミュージシャン――全てにおいて格が違う!まさに全AORファン必聴と言えるキャリア屈指の傑作です!

「ランディ・グッドラム久しぶりのソロ・アルバムは、何と1994年のセルフ・カヴァー集『WORDS & MUSIC(つらい別れ)』以来26年ぶり。今回はラリー・ウィリアムス(元シーウインド)とのコラボレイト、マイケル・ランドウ、マーカス・ミラー、ヴィニー・カリウタ、ブライアン・ブロンバーグらの参加による、『FOOL'S PARADISE』張りのジャジー・ポップでハイブリットな一作。ジェイ・グレイドンとのJaR セカンドを待ち侘びる貴方に、矢尻のような会心の一撃が突き刺さる!」
――金澤寿和


■収録曲
1.Red Eye
2.More of This
3.Hocus Pocus
4.We Shine
5.Hannah
6.From Here
7.Gravity
8.Juneau
9.Lose June
10.Not Here
11.The Hub
12.Crossroads

■参加ミュージシャン
ラリー・ウィリアムズ(keys, horns)
マイケル・ランドゥ(g)
ヴィニー・カリウタ(dr)
マーカス・ミラー(b)
ブライアン・ブロンバーグ(b) ほか