こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Joji(ジョージ)|アジアから世界を席巻する88risingの注目株、待望のセカンド・アルバム『NECTAR』

タグ : ソウル/R&B

掲載: 2020年10月02日 15:37

更新: 2020年10月16日 15:30

Joji

JOJIが導き出すメロウでメランコリックなカタルシス──全米アルバム・チャートの3位を獲得した大ヒット・デビュー・アルバム『BALLADS 1』に続く待望のセカンド・アルバム『NECTAR』をドロップ!ヒット・シングル「Run」、Diploとのコラボ・ナンバー「Daylight」をフィーチャーした2020年最重要アルバムの1枚が、遂にCDでも発売!

大阪出身、ニューヨーク在住の日系R&Bシンガー、JOJI(ジョージ)。HIPHOPを中心に、音楽、ファッション、サブカルチャーなどアジアン・カルチャーを世界へと発信している話題のメディア・プラットフォーム、88risingに所属する彼は2018年、デビュー・アルバム『バラーズ1』をリリース。同アルバムは全米チャートの3位まで上っただけでなく、アジア出身アーティストとして初めてR&B/ヒップ・ホップ・アルバム・チャートの1位を獲得、アルバムからのシングル「SLOW DANCING IN THE DARK」は全米レコード協会認定のダブル・プラチナにも輝いた。翌2019年の北米ツアーはわずか数分でソールド・アウトとなり、イギリスのReading & Leeds Festivalやロラパルーサなど、世界中で最も待ち望まれる大型フェスティバルにも続々と出演。デジタル世代のカルチャー・アイコンとしてその立ち位置を確固たるものにした。

そのJOJIのセカンド・アルバムとなる『NECTAR』。配信で9月25日に発売となった本作が、CDでもいよいよ発売となる。アルバムからの先行シングルとなるのは、今年2月に発表されたギターベースのパワー・ロック・バラード「Run」。リリース3週間で1億2000万回以上の楽曲再生回数を突破したこの曲のプロデュースを手掛けたのは、JOJIとジャスティン・パーカー(リアーナ、ラナ・デル・レイ、エリー・ゴールディング)。またこの曲のリリースに合わせ、JOJIは全米人気TV番組『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』で全米TVデビューを果たしている。

またアルバム『NECTAR』の発売発表に合わせてリリースしたシングル「Gimme Love」は、印象的なハーモニーが強調された熱狂的なポップソング調の前半パートとBekon & The Donutsと共同で制作されたオーケストラ調の後半パートのコントラストが特徴的なエレジー風の1曲。またJOJI本人とアンドリュー・ドノホ(カリード、ジャネール・モネイ、ザ・ストロークスなど)が監督を務めたSF映画風のミュージック・ビデオからは、彼のどこかシュールな映像センスも垣間見ることができる。

この他アルバムには、メロウなバラードの「Sanctuary」やDiploとのコラボ・トラック「Daylight」、Lil Yachtyをフィーチャーした「Pretty Boy」を収録。他にもOmar Apolloやrei brown、Yves Tumorなどがフィーチャリング・アーティストとして参加、JOJIワールドに新たな色彩を加えている。すでに配信でリリースされている『NECTAR』だが、NPR MUSICが「ときめく音楽」、Newsweekが「変幻自在なベスト・セラー」、Teen Vogueが「欲望のダイナミックなカプセル化」、そしてE!が「本物の歓び」と評すなど、“JOJIこれまでの最高傑作”として早くも高い評価を集めている。

音楽制作やプロデュースだけでなく、アートワーク、ビデオ、グッズ、ライブ公演など、自分の作品に対し総合的なビジョンを持っているJOJI。そこには彼が組み立てた一つの完全なる世界があり、曲の中に流れる深く陰鬱な感情には、疎外感を感じたことのある人なら誰でも共感できるだろう。聴くものを圧倒的なカタルシスへの導くメロウなサウンドスケープに、時にコミカルな光が差し込むシュールな映像世界――アジアから世界を席巻する88risingの注目株 JOJIにとって2020年は躍進の年となるに違いない。

 

〈88rising〉がクルー・アルバム『Head In The Clouds』をリリース>>>>