こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Blackmore's Night(ブラックモアズ・ナイト)| 全世界のリッチー・ファン待望!5年半振り11枚目のアルバムがついに登場!

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2021年01月29日 17:20

Blackmore's Night(ブラックモアズ・ナイト)

ハードロック史上最高のギタリスト、リッチー・ブラックモアとその妻、キャンディス・ナイトによるプロジェクトであるブラックモアズ・ナイト。97年にリリースされたデビュー・アルバム『Shadow of the Moon』は、ディープ・パープルやレインボーでも垣間見ることのできたリッチーのルネサンス期の音楽、そして世界各国の民族音楽への傾倒が、初めてアルバムという形で提示された作品として、ハードロック/ヘヴィメタル・ファンからも大きな注目を浴びた。本作はドイツにおいて17週間連続チャートインし、ゴールドディスク認定を受けるなど、商業的にも大成功。その後もコンスタントにアルバムをリリースしてきたブラックモアズ・ナイトであったが、15年の『All Our Yesterdays』以降、しばらく新作発表が滞っており、ファンはやきもきしていた。だが20年12月、クリスマスEP『ヒア・ウィ・カム・ア・キャロリング』を発表。そしてついに21年3月、世界中のリッチー・ファン待望のニュー・アルバム『ネイチャーズ・ライト』がリリースとなる!

11枚目のフルアルバムとなるこの『ネイチャーズ・ライト』は、ブラックモアズ・ナイトのデビュー作をゴールドディスクへと導いた古巣、earMUSICからのリリースということもあり、非常に力の入った仕上がりになっている。ハードロック/ヘヴィメタル・ファンは、ますます円熟味を増すリッチーのギタープレイに心を奪われること間違い無し。そして何より、この世のものとは思えぬ美しさを誇るキャンディスの歌に魅了されぬものなどいるはずもない。数々のアコースティック楽器、そしてシンプルながら長調/短調の2項に回収しきれないメロディは、音楽がまだ魔法であった時代、中世ヨーロッパへのロマンを強烈に感じさせてくれる。デビュー・アルバムに収録されていた名曲「ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア」が再録されているのも嬉しい。「私たちの音楽はストレスやプレッシャーからの逃避である」と2人が言うとおり、ルネサンス音楽、民族音楽へ愛がギッシリと詰まった本作は、疲れた現代人にとってこれ以上ない癒し。2021年、最も美しいアルバム。それがこの『ネイチャーズ・ライト』である。

過去のアルバムから選りすぐりの9曲を収録したディスク付きの2枚組バージョンも発売!

【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

国内盤2CD


国内盤CD


輸入盤CD(Mediabook Edition)


輸入盤LP


■収録曲
Disc-1
1.ワンス・アポン・ディセンバー
2.フォア・ウィンズ
3.フェザー・イン・ザ・ウィンド
4.ダーカー・シェイド・オブ・ブラック(インストゥルメンタル)
5.ザ・ツイステッド・オーク
6.ネイチャーズ・ライト
7.デア・レツテ・マスケティア(インストゥルメンタル)
8.ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア
9.ゴーイング・トゥ・ザ・フェア
10.セカンド・エレメント
(以上収録予定/曲順未定)

Disc-2
1.シャドウ・オブ・ザ・ムーン (『シャドウ・オブ・ザ・ムーン』)
2.アンダー・ア・ヴァイオレット・ムーン (『アンダー・ア・ヴァイオレット・ムーン』)
3.ストーム (『ファイアーズ・アット・ミッドナイト』)
4.ウェイ・トゥ・マンダレー (『ゴースト・オブ・ア・ローズ』)
5.ストリーツ・オブ・ロンドン (『ヴィレッジ・ランターン』)
6.エンプティ・ワーズ (『シークレット・ヴォヤッジ』)
7.ビリーヴ・イン・ミー (『オータム・スカイ』)
8.ダンサー・アンド・ザ・ムーン (『ダンサー・アンド・ザ・ムーン』)
9.オール・アワ・イエスタデイズ (『オール・アワ・イエスタデイズ』)
(以上収録予定/曲順未定)

ブラックモアズ・ナイト|クリスマスEP『Here We Come A-Caroling』をリリース>>>>