こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Tower of Power(タワー・オブ・パワー)|結成50周年アニヴァーサリー・ライヴが作品化|国内盤DVD付き、DVD単体オンライン限定10%オフ

タグ : ソウル/R&B 得コレ

掲載: 2021年02月12日 14:46

更新: 2021年02月25日 19:00

Tower of Power(タワー・オブ・パワー)

〈宇宙最高のファンク・バンド〉タワー・オブ・パワー、バンド結成50周年を祝った熱狂と興奮のアニヴァーサリー・ライヴを作品化!お馴染みの鉄壁ナンバーと当時の最新作からの新曲計22曲!フランシス“ロッコ”プレスティアの遺作ともなる永久保存版!当日の熱気を伝える映像を収録した2CD+DVD、DVD単独、LPの3仕様で一挙発売!

タワー・オブ・パワーが、バンド結成50 周年を祝ったライヴを地元カリフォルニア州オークランドで行ったのが、2018年6月の1日と2日の2日間。両日共に全部で22曲を演奏したのだが、何とその全曲を収めたのが、本作。3年近くの年月を経て、ようやくの発表。待ちに待った、待望のリリースだ!

そのライヴ、その時点でのメンバー10 人に加え、1970 年代の第一期黄金時代を支えた元メンバーのチェスター・トンプソン(org)、レニー・ピケット(sax)、ブルース・コンテ(g)に加え、先代ヴォーカリストのレイ・グリーンもトロンボーン奏者として参加。( 彼は、実はバークリー音楽大学のトロンボーン科卒業)。史上初の7 管編成となった。加えて計10 名のストリングス、コーラスも2 名。このライヴでしか観られない、正に唯一無二のライヴとなったのである。その全貌が、このライヴに収録されている!

その時点での最新作であった『ソウル・サイド・オブ・タウン』からのナンバーも、タイトル曲を含め3 曲が演奏され、他はお馴染みのナンバーがズラリと並ぶ。特に聴き物は、「ホワット・イズ・ヒップ~ソウル・パワー」だろう。何とここでは、レニー・ピケットとトム・ポリッツァーによる白熱のテナー・サックス・バトルが聴ける。また、ヴォーカルのマーカス・スコットが、ジェームス・ブラウンばりのマント・ショウも披露している。更には地元オークランドの観客達。お馴染みのナンバーを、大合唱していたのである。「地元のヒーロー達を熱く、暖かく迎えよう」という熱意を感じたシーンであった。

とにかく、熱気に溢れたファンク・チューンから、実にスウィートなバラードまで。全22 曲に渡って、彼等の半世紀に及ぶ歴史の総てが詰まった大傑作である。これを聴き逃してはいけない!なお、2020 年9 月29 日に他界した、名物ベーシストであるフランシス“ロッコ” プレスティアの、これが遺作となってしまった。謹んで、Rest In Peace……

タワー・オブ・パワー、2020年作『Step Up』>>>

国内盤CD+DVD

 

輸入盤CD+DVD

 

国内盤DVD

 

輸入盤DVD

 

国内盤LP

 

輸入盤LP