こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Nik Bartsch (ニック・ベルチュ)|スイスのピアニスト/作曲家/コンセプチュアリスト、初のECMでのソロ・アルバム『Entendre』

掲載: 2021年02月18日 16:07

Nik Bartsch

スイスのピアニスト/作曲家/コンセプチュアリストであり、RoninやMobileのリーダーとして最もよく知られているニック・ベルチュ、初のECMでのソロ・アルバム。

この魅力的なソロ・アルバム『ntendre』は、ニック・ベルチュの音楽的思考への深い洞察を提供。アルバムのタイトルにもあるように、Entendre(仏語で「聞く」を意味する)は創造的なプロセスとしての聴覚をテーマにしており、Bartchのモジュラー・ポリメトリック作品の忍耐強い展開に言及している。

ニックの「モデュール」という番号が付けられた作品は、固定された最終的な構成ではなく、テンプレートと考えることができ、彼はそれを「あらゆる状況に適応できる武術の基礎訓練」と呼んでいる。「私の仕事のやり方は、新しい文脈を作ることです。それぞれの作品は、作曲、解釈、即興のアイデアと戯れ、同じ力によって養われながらも、非常に驚くような結果を生み出すことができるのです」と話しているがそれはオープニングから明らかとなる。 「Modul 58-12」は、Roninとしての2018年作品『Awase』に収録されていた「Modul 58」とMobile名義の2016年作品『Continuum』に収録されていた「Modul 12」を組み合わせたものでエモーショナルでパワフルな効果をもたらしている。「それはスタジオでその方向に発展していったんだ。計画していたわけでもないし、そのように展開するとは思ってもいなかったんだ。この2つの作品の組み合わせは、偶然の一致というよりも、内なる呼びかけなのかもしれません。冒頭の鮮やかな祝賀から始まり、空虚さ、静寂、そして呼吸する空間へと向かうオープニング・フライトととしてアルバムの幕開けとなるのです」とコメント。

また、今回のソロ作品はRoninやMobileとの長年の研鑽、プロデューサーのマンフレート・アイヒャー、エンジニアのステーファノ・アメーリオとのセッション自体のチームワークなど、コラボレーションから生まれたものであることも強調している。「マンフレートに聴いてもらい、作品へのアプローチや解釈の仕方についてアドバイスをもらったことは、非常に貴重な経験でした。例えば、ある曲の中でグルジエフの音楽とのつながりを聞いたり、『モデュール26』を演奏する際に見つけたような流れで演奏してみてはどうかと提案してくれたり。このようなフィードバックは、非常に有機的な方法で全体のリスニング・エクスペリエンスを拡大するのに役立ちました」ともコメント。

収録予定曲:
1. MODUL 58_12
2. MODUL 55
3. MODUL 26
4. MODUL 13
5. MODUL 5
6. DEJA-VU, VIENNA