こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

モントルー・ジャズ・フェスティバル創立者のコレクションから貴重音源を紐解く〈THE MONTREUX YEARS〉シリーズの第1弾!ニーナ・シモンとエタ・ジェームスの未発表音源&厳選ライヴ音源が登場

タグ : ジャズ復刻&発掘 ソウル復刻&発掘 リイシュー

掲載: 2021年04月26日 11:19

THE MONTREUX YEARS

1967年にスタートし、今年で55回目の開催を数える世界最大級の音楽フェス、モントルー・ジャズ・フェスティバル。音楽史を彩る数多くのアイコニックなアーティスト達が出演し、歴史に残る名演を繰り広げてきたこのフェスティバルは、創始者のクロード・ノブズの固い信念のもと、5,000公演を超えるパフォーマンスの模様が音と映像で収録されており、Montreux Soundsという膨大かつ貴重なコレクションとして保管されている。数々のアーティストがその模様を自身のライヴ・アルバムとして発表してきたのだが、今もなお非常に貴重な音源の数々がのこされており、その歴史的価値は非常に高く、2013年にはこのMontreux Soundsがユネスコにも認定されている。

今回、モントルー・ジャズ・フェスティバルとBMGがタッグを組み、このMontreux Soundsにある膨大なコレクションを紐解く『THE MONTREUX YEARS』というシリーズをスタートさせることとなった。このシリーズは、世界的なアーティストの伝説的パフォーマンスを現代に蘇らせるだけでなく、55年もの豊かな歴史を持つこのフェスティバルで収録されていた貴重な未発表音源もふんだんに収録、さらに書き下ろしのライナーノーツや未発表写真などを掲載したブックレットもついた、音楽史においても非常に重要な意味を持つシリーズとなる。マスタリングを担当するのは、ロンドンにあるMetropolis StudiosのTony Cousinsだ。

『THE MONTREUX YEARS』シリーズの第1弾として発売されるのが、『NINA SIMONE: THE MONTREUX YEARS』と『ETTA JAMES: THE MONTREUX YEARS』の2作品。共に2CDと2LPという2形態でのリリースとなり、モントルー・ジャズ・フェスティバルに何度も出演したパフォーマンスの中から、未発表音源を含む厳選されたライヴ・レコーディングがたっぷりと収録されている。

NINA SIMONE: THE MONTREUX YEARS

Nina Simone

1960年代後半から90年代にかけてのニーナ・シモンの物語は、モントルーにおける彼女の伝説的なパフォーマンスを通して語ることができる。彼女が最初のモントルーに出演したのは、第二回開催となる1968年のこと、以降彼女はモントルー・ジャズ・フェスティバルとその創始者であるクロード・ノブズと非常に良い関係性を築いてきたのだが、その強いつながりは、この『NINA SIMONE: THE MONTREUX YEARS』を聴けばはっきりと見えてくるだろう。1968年の輝かしくも情熱的なパフォーマンスから、モントルーの歴史の中でも最も特筆すべきパフォーマンスとして語られる1976年の激しさに満ちたパフォーマンスを始め、彼女は1981年、1987年、そして1990年と、モントルーの5回出演をしており、その全てのパフォーマンスの中から厳選された音源が、ここに収録されているのだ。

パワフルな「I Wish I Knew How It Would Feet To Be Free」や鋭さに満ちた「Four Women」、あまりにも美しい「Ne Me Quitte Pas」など、今まで発表されてこなかった非常に貴重なライヴ音源を含むこの作品は、全世界のニーナ・シモン・ファンにとって信じがたい喜びを与えてくれるものとなるだろう。他にも76年のモントルーで初めて披露したジャニス・イアンの「Stars」のカヴァーや、90年の出演時に披露したニーナ流のアレンジしたボブ・マーレィの「No Women No Cry」のカヴァー、そしてニーナ・シモンの曲の中でも最も愛されている曲の一つ、「My Baby Just Cares For Me」などが収録されており、彼女の音楽性、そして人生の深く多面的な要素を捉えた作品となっている。

2CDエディションには、1968年の彼女のランドマーク的コンサートのフル音源をDisc 2に収録。68年の彼女のパフォーマンスが完全版としてCDで発売されるのは、今回が初となる。

【収録内容】
CD 1:
01. Someone To Watch Over Me (Intro) ※※※
02. Backlash Blues ※
03. I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free ※
04. See-Line Woman ※※※※
05. Little Girl Blue (Pt1 and 2) ※
06. Don’t Smoke In Bed ※※※※
07. Stars ※
08. What. A Little Moonlight Can Do ※
09. African Mailman ※
10. Four Women ※※※※
11. No Woman No Cry ※※※※
12. Liberian Calypso ※※※※
13. Ne Me Quitte Pas ※※※※
14. Montreux Blues ※※
15. My Baby Just Cares for Me ※※※※

※ Recorded live at Casino Montreux 3 July 1976
※※ Recorded live at Casino Montreux 19 July 1981
※※※ Recorded live at Casino Montreux 10 July 1987
※※※※ Recorded live at Casino Montreux 13 July 1990

CD 2:
01. Intro
02. Go To Hell
03. Just In Time
04. When I Was A Young Girl
05. Don’t Let Me Be Misunderstood
06. Ne Me Quitte Pas
07. To Love Somebody
08. Backlash Blues
09. The House Of The Rising Sun
10. See-Line Woman
11. Please Read Me
12. Ain’t Got No, I Got Life
13. Gin House Blues
14. I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free
All tracks recorded live at Casino Kursaal 16th June 1968

ETTA JAMES: THE MONTREUX YEARS

Etta James

『ETTA JAMES: THE MONTREUX YEARS』は、時代を超えたクラシックな楽曲と力強く興奮に満ちたパフォーマンス、そして偉大なる女性ヴォーカリストの生々しいパフォーマンスを収録した、まさに驚くべき埋蔵品とも言うべき作品だ。彼女がモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演した1977年、1978年、1989年、1990年、そして1993年のコンサートの中から厳選された音源を収録したこの作品は、彼女の音楽的旅路、そして彼女の驚異的なキャリアをじっくりと堪能することができるアルバムだ。

エタ・ジェームスに初めての成功を与えることとなった、時代を超えた名曲「Something's Got A Hold On Me」を始め、「At Last」~「Trust In Me」~「Sunday Kind of Love」といった60年代のハイライトとも言うべき楽曲を網羅したメドレーや、生々しくエモーショナルな「I'd Rather Go Blind」、ソウルフルなホーンが楽曲を牽引する「Tell Mama」といった楽曲を収録したこの『ETTA JAMES: THE MONTREUX YEARS』。彼女の圧倒的なパフォーマンスをたっぷり収録したこのコレクションの最後を飾るのは、1979年のコンサートのアンコールで披露した、ジミー・リードへの敬意を表した「Baby What You Want Me To Do」だ。

1975年の第9回目のモントルー・ジャズ・フェスティバルは、エタ・ジェイムスのヨーロッパにおける初めてのコンサートとなっただけでなく、音楽史においても非常に重要な瞬間だった。この2枚組CDエディションには、1975年7月11にモントルー・カジノで行われた記念碑的コンサートの模様がDisc 2に収録されている。

【収録内容】
CD 1:
01. Breakin’ Up Somebody’s Home ※
02. I Got The Will ※※
03. A Lover Is Forever ※※※
04. Damn Your Eyes ※※
05. Tell Mama ※※※※
06. Running And Hiding Blues ※
07. Something’s Got A Hold On Me ※※
08. Beware ※※※
09. Come To Mama ※
10. Medley: At Last / Trust In Me / Sunday Holiday Kind Of Love ※※
11. I Sing The Blues For You ※※※
12. Baby What You Wany Me To Do (Encore) ※※※※※

※ Recorded live at Casino Montreux 18 July 1990
※※ Recorded live at Casino Montreux 12 July 1989
※※※ Recorded live at Auditorium Stravinski 15 July 1993
※※※※ Recorded live at Casino Montreux 9 July 1977
※※※※※ Recorded live at Casino Montreux 8 July 1978

CD 2:
01. Respect Yourself
02. Drown in My Own Tears
03. W-O-M-A-N
04. Dust My Broom
05. I’d Rather Go Blind
06. All The Way Down
07. Baby What Do You Want Me To Do
08. Rock Me Baby
09. Stormy Monday
All tracks recorded live at Casino Montreux 11th July 1975