こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Kings Of Convenience(キングス・オブ・コンビニエンス)|ノルウェー出身のアコースティック・ポップデュオ、12年振り自身4枚目となるアルバム『Peace or Love』

タグ : UK/US INDIE

掲載: 2021年05月26日 18:01

Kings Of Convenience(キングス・オブ・コンビニエンス)

1999年に結成されたノルウェー出身のインディー・アコースティック・ポップ・デュオ、キングス・オブ・コンビニエンスが、2009年の『Declaration of Dependence』以来となる約12年ぶり、自身4枚目となるアルバム『Peace or Love』をリリース。

アルバムからのファーストシングル「Rocky Trail」が公開され、メンバーのアイリック・ボーが作曲したこの曲について、もう一人のメンバーであるアーランド・オイエはこうコメントしている。「Aメロ、サビ、Aメロっていう一般的なポップスの設計図を巧みに無視しているんです。これはポップミュージックではあるけど、私たちが知っているようなものではないね」

新作アルバム『Peace or Love』は、古くからの友人である2人が、共に人生の最新段階を模索し、長年にわたって保持してきたマジックを表現しながら新たな方法を見つけ出したサウンドとなっている。このアルバムは、5年間にわたって5つの異なる都市でレコーディングされ、春から夏への時期にぴったりの作品となっており、バンドのファンにはお馴染みの魅力的な美しさ、純粋さ、そして人生と愛についての11曲が収録される。

アイリック・ボーとアーランド・オイエは、ノルウェーのベルゲンにある学校で出会い、ロックバンド「Skog」で共演した後、1999年にデュオを結成。二人は、親しみやすいアコースティック・サウンドのニューウェーブ的な先駆者として知られている。これまでにリリースした3枚のアルバムは高い評価を得ている。

輸入盤CD


輸入盤LP


輸入盤Cassette


■収録曲
1.Rumours
2.Rocky Trail
3.Comb My Hair
4.Angel
5.Love is a Lonely Thing
6.Fever
7.Killers
8.Ask For Help
9.Catholic Country
10.Song About It
11.Washing Machine

キングス・オブ・コンビニエンス|アイリック・ボーによるプロジェクト=コモードのデビュー・アルバム>>>>