こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Mordred(モードレッド)|80年代、DJのいるスラッシュ・メタル・バンドとして大きな話題となったモードレッド、27年ぶりのニュー・アルバム『The Dark Parade』

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2021年06月01日 11:28

Mordred(モードレッド)『The Dark Parade』

80年代、DJのいるスラッシュ・メタル・バンドとして大きな話題となったモードレッドが、何と27年ぶりのニュー・アルバムをリリース!当時のメンバー6人中5人が再集結し、あの頃のモードレッド・サウンドを21世紀に蘇らせる。もちろんDJも参加!日本盤にはボーナス・トラック2曲を収録。

年季の入ったスラッシュ・メタル・ファンであれば、モードレッドを覚えているだろう。80年代後半のベイエリアでは、スラッシュ・メタルにファンクを取り入れる動きがあったが、その中でデス・エンジェルと共に中心的役割を果たしたのが、このモードレッドである。結成は84年。何本かのデモを発表した後、ドイツのノイズ・レコードと契約。89年に『Fool’s Game』でアルバム・デビューを果たす。この作品にはまさかのターンテーブル奏者、いわゆるDJまでが参加。スラッシュ・メタルとしては斬新すぎる内容で、多くのメタル・ファンの度肝を抜いた。91年にはセカンド・アルバム『In This Life』を、94年にはサード・アルバム『The Next Room』をリリースするが、何しろスラッシュ・メタルには逆風が吹きまくっていた90年代のこと。バンドは95年に解散してしまう。

そんなモードレッドだが、実は01年に再結成を果たしている。ただ活動は不定期で、たまにライヴをやる程度。何年もニュースが無いこともあり、本当に活動中なのかよくわからない時期もあった。だがこの度、ついに27年ぶりのニュー・アルバムがリリースされる。何十年ぶりのアルバムと言うと、オリジナルのメンバーは1人か2人なんていうことも珍しくないが、驚いたことにモードレッドは、当時のメンバー6人のうちドラムを除く5人が勢揃いしているのだ。(もちろんDJも参加!)となれば、音の方ももちろんあの頃のモードレッドそのまま。ファンクの香りがするベイエリア・スラッシュを21世紀に蘇らせている。まさか2021年にモードレッドの新譜を聴けるとは。アラフォー、アラフィフのスラッシュ・ファンであれば、懐かしくて涙が出るに違いない。

国内盤CD

日本盤限定ボーナストラック収録
日本語解説書封入/歌詞対訳付き


輸入盤CD


輸入盤LP


【収録曲】
01. デモニック #7
02. マリグナンシー
03. アイ・アム・チャーリー
04. ドラギング・フォー・ボディーズ
05. ザ・ダーク・パレード
06. オール・アイズ・オン・ザ・プライズ
07. デンテッド・ライヴズ
08. スマッシュ・ゴーズ・ザ・ボトル
《日本盤限定ボーナストラック》
09. ノット・フォー・ユー
10. ザ・ラヴ・オブ・マネー

【メンバー】
スコット・ホルダービー(ヴォーカル)
ダニー・ホワイト(ギター)
ジェームズ・サンギネッティ(ギター)
アート・リボーン(ベース)
アーロン"DJ ポーズ"ヴォーン(ターンテーブル、キーボード)
ジェフ・ゴームズ(ドラムス)

Mordred(モードレッド)

 

HARD ROCK/HEAVY METAL