こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Night Ranger(ナイト・レンジャー)|アメリカン・ハードロックの帝王4年ぶりのニュー・アルバム『Atbpo』

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2021年06月01日 11:53

Night Ranger(ナイト・レンジャー)『Atbpo』

アメリカン・ハードロックの帝王ナイト・レンジャーが4年ぶりのニュー・アルバムをリリース!ノリノリのロックから美しいバラードまで、ファンがナイト・レンジャーに期待するものすべてが詰まった待望の全曲新曲スタジオ録音最新アルバム。日本盤ボーナストラック収録。

80年代当時、ナイト・レンジャーに「特別なバンド」という印象を持っていたファンも多かったのではないか。「シスター・クリスチャン」のような美しいバラード、「(ユー・キャン・スティル)ロック・イン・アメリカ」のようなノリノリのロックナンバー。いずれも極端なまでにキャッチーなアプローチをしつつも、ジェフ・ワトソン、ブラッド・ギルスというギターヒーローを二人も抱えているコントラストは強烈で、ナイト・レンジャーはなかなか近いバンドの見つからない孤高の存在という印象が強かった。活動休止期間などもありつつ、80年代初頭から活動を続け、これまでに11枚のアルバムをリリースしてきた彼ら。その売り上げ枚数はトータル1700万枚にも達する。19年には『ドーン・パトロール』(82年)、『ミッドナイト・マッドネス』(83年)という初期の2枚のアルバムの完全再現を行い、日本のファンを熱狂させたことも記憶に新しい。

そんなナイト・レンジャーが、4年ぶりのニュー・アルバム『ATBPO』をリリースする。これは”And The Band Played On”(=そしてバンドは演奏し続けた)の意で、パンデミック下という特殊な環境で作られたことを強く意識させるタイトルだが、中身はもちろんいつものナイト・レンジャー。ノリノリのロックから美しいバラードまで、ファンが期待するすべてのものが詰まった作品だ。前作『ドント・レット・アップ』時からメンバーの変更もなく、ますます結束を固めた感のあるナイト・レンジャー。ジャック・ブレイズ、ケリー・ケイギー、ブラッド・ギルスらベテラン勢の安定感は言うに及ばず、ケリ・ケリーのギタープレイもますますバンドに馴染んでいるのもわかる。これを聴いてガッカリするファンなどいるはずもない傑作。ハードロック好きならば聴いておかなければならない作品だ。

国内盤CD

日本盤限定ボーナストラック収録
日本語解説書封入/歌詞対訳付き


輸入盤CD


輸入盤LP


【収録曲】
01. カミング・フォー・ユー
02. ブリング・イット・オール・ホーム・トゥ・ミー
03. ブレイクアウト
04. ハード・トゥ・メイク・イット・イージー
05. キャント・アフォード・ア・ヒーロー
06. コールド・アズ・ディセンバー
07. ダンス
08. ザ・ハーデスト・ロード
09. モンキー
10. ア・ラッキー・マン
11. トゥモロー
《ボーナストラック》
12. セイヴィアー
《日本盤限定ボーナストラック》
13. ザ・ハーデスト・ロード(アコースティック・ヴァージョン)

【メンバー】

ジャック・ブレイズ(ヴォーカル)
ケリー・ケイギー(ドラムス)
ブラッド・ギルス(ギター)
エリック・リーヴィー(キーボード)
ケリ・ケリー(ギター)

Night Ranger(ナイト・レンジャー)

 

HARD ROCK/HEAVY METAL