こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Darkwoods My Betrothed(ダークウッズ・マイ・ビトラスド)|ナイトウィッシュのツォーマス・ホロパイネンがキーボードを弾いていた伝説のブラック・メタル・バンドによる復活作『Angel of Carnage Unleashed』

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2021年09月16日 17:32

Darkwoods My Betrothed『Angel of Carnage Unleashed』

ダークウッズ・マイ・ビトローズドはフィンランドのブラック・メタル・バンド。93年頃から活動を開始。95年には『Heirs of the Northstar』でアルバム・デビューを果たす。このバンドが特別視されているのは、今やロックスターであるナイトウィッシュのツォーマス・ホロパイネンが、キーボーディストとしてゲスト参加していたからだ。本作でもナイトウィッシュ結成前の、ツォーマスによるプレイを聴くことができる。96年にはセカンド・アルバム『Autumn Roars Thunder』をリリース。その後スパインファーム・レコードと契約し、98年にはサード・アルバム『Witch-Hunts』を発表。(いずれもツォーマスが参加。)だが残念ながら、同年バンドは解散。そんな伝説のバンドが、この度復活。23年ぶりのアルバムをリリースするのだ!

『エンジェル・オブ・カーネイジ・アンリーシュド』と題された4枚目のアルバムでは、ついにツォーマスはフルタイムのメンバーとして名を連ねることになった。それだけではない。あくまでセッション・メンバーという立場ではあるが、ドラムを担当するのはやはりナイトウィッシュのカイ・ハート。ツォーマスがキーボードのアレンジを担当すれば、一流のものが出来上がって当たり前。北欧らしい冷たくダークな雰囲気が、実に素晴らしい。当然のことながら、プロダクションの面では90年代に残したアルバムから格段のグレードアップ。シンフォニック・ブラックのファンはもちろん、ブラック・メタルはちょっとというナイトウィッシュ・ファンも安心して楽しめる必聴盤だ!

国内盤CD

日本語解説書封入/歌詞対訳付き


輸入盤CD


輸入盤LP


【収録曲】
01. ネイム・ザ・デッド
02. イン・イーヴル・シックネス・アンド・イン・グリーフ
03. マークタイド・アンド・ミッドナイト・サン
04. ユー・ビター・ソース・オブ・ソロー
05. ホエア・ウィ・ドウェル
06. イン・スロール・トゥ・アイアンスカルズ・ハート
07. マサカー
08. ブラック・フォグ・アンド・ポイズン・ウィング
09. アウトロ

【メンバー】
パシ・カンクネン(ヴォーカル、ギター)
ヨウニ・ミッコネン(ギター)
テーム・カウトネン(ベース、コーラス)
ツォーマス・ホロパイネン(キーボード)
カイ・ハート(ドラムス)

Darkwoods My Betrothed

Photo By Antti Ilvonen

 

HARD ROCK/HEAVY METAL