こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Kamasi Washington(カマシ・ワシントン)|衝撃のデビュー・アルバムであり3枚組170分超えの超大作『The Epic』が新装盤で発売

掲載: 2021年11月05日 12:26

Kamasi Washington

新世代ジャズ黄金期の象徴、カマシ・ワシントン!

デビュー前からフライング・ロータス、ケンドリック・ラマー、コモン、サンダーキャットが絶賛し、デビュー作とは思えないスケールで、総勢60名以上のLAジャズ先鋭メンバーが参加した、衝撃のデビュー・アルバムであり、3枚組170分超えの超大作『The Epic』が、〈Jazz The New Chapter〉シリーズの監修者・柳樂光隆氏による、発売当時の解説に加え、新たな解説書を追加した新装盤で登場!

ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ケニー・バレル、ジェラルド・ウィルソン…錚々たるジャズ・ジャイアンツ達に加え、チャカ・カーン、ローリン・ヒル、スヌープ・ドッグのバック・バンドを務め、ジャンルの垣根を越えてその才能を開花させてきたLAジャズ最重要プレイヤーのひとりカマシ・ワシントンが、フライング・ロータス制作総指揮のもと完成させた初のリーダー作品にして、3枚組170分超えの超大作。

『The Epic』を聴くことで、現代のジャズから、リアリティを持って、LAジャズの遺産に触れることができるようになった。ある意味で『The Epic』はジャズ史を書き換えるような、批評的な意味さえ獲得している、とさえ断言してもいいだろう。(解説書より一部抜粋)

ケンドリック・ラマーの代表作『To Pimp a Butterfly』に同じく参加したサンダーキャットやフライング・ロータスと共に、新世代ジャズが注目を集めるきっかけとなったカマシ・ワシントン。ベースにはサンダーキャットとマイルズ・モスリー、ドラムにロナルド・ブルーナーとトニー・オースティン、鍵盤にはブランドン・コールマンとキャメロン・グレーヴスをはじめとするネクスト・ステップの面々に加え、32名のオーケストラと20名のコーラスが参加した総勢60名以上のLAサウス・セントラルの気鋭ジャズメンたちとともに制作された本作は、LAジャズというコミュニティーが受け継いできた遺産や積み重ねてきた歴史、その中で育まれた新たな才能や彼らの類稀な演奏能力のすべてがカマシ・ワシントンという強烈な象徴のもとに集い生まれた奇跡の大名盤である。

本新装盤には、柳樂光隆氏が本作誕生までの背景や参加ミュージシャンを解説した2015年版の解説書に加え、カマシ・ワシントンを輩出した西海岸のジャズ史をさらに深く掘り下げつつ、本作がその後どれほど大きな影響をシーンに与え、またカマシ・ワシントンがその後どのように成長していったかを紐解いた新たな解説書が封入される。

輸入盤:国内流通仕様 CD

Tracklist:

Disc 1
VOLUME 1 - THE PLAN
01. Change of the Guard
02. Askim03. Isabelle
04. Final Thought
05. The Next Step
06. The Rhythm Changes

Disc 2
VOLUME 2 - THE GLORIOUS TALE
01. Miss Understanding
02. Leroy and Lanisha
03. Re Run
04. Seven Prayers
05. Henrietta Our Hero
06. The Magnificent 7

Disc 3
VOLUME 3 - THE HISTORIC RECEPTION
01. Re Run Home
02. Cherokee
03. Clair de Lune
04. Malcolm’s Theme
05. The Message

メイン・パーソネル:
Kamasi Washington- Tenor Saxophone
Ryan Porter- Trombone
Igmar Thomas- Trumpet
Cameron Graves- Piano
Brandon Coleman- Keyboards
Miles Mosley- Acoustic Bass
Stephen Bruner- Electric Bass
Tony Austin- Drums
Ronald Bruner- Drums
Leon Mobley- Percussion