こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

BUILD AN ARK

連載
NEW OPUSコラム
公開
2011/07/22   13:19
更新
2011/07/22   13:33
ソース
bounce 334号 (2011年7月25日発行)
テキスト
文/西尾洋儀


結成10年目に届けられた宇宙からの贈り物



現行スピリチュアル・ジャズの最高峰、ビルド・アン・アークの結成10周年を記念して未発表音源を集めた編集盤『The Stars Are Singing Too: 10 Year Anniversary Special 2001-2011』がリリースされた。ヤコブ・レヴィの美しいピアノ・ソロ曲やデンテルによるリミックス、話題を呼んだヴァン・モリソンのカヴァー“Sweet Thing”のアウトテイクなどを、リーダーのカルロス・ニーニョがみずからチョイス。彼らの歴史を俯瞰できるのはもちろん、(曲の繋がりや全体の流れも素晴らしいので)ミックスCDのようにも楽しめる。

また、その創設メンバーでもあるヴォーカリスト、ギャビー・ヘルナンデスの編集盤『Sweet Starry Night』も同時に登場。フォルクローレやエレクトロニカ、オペラタッチなサウンドの上で、ギャビーのオーガニックな歌声が舞うドリーミーな音世界には、思わずため息がこぼれてしまう。どちらも、生命の息吹を感じさせるような素晴らしい作品だ。



NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る