こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

(第7回)まぼろしと呼ぶにはあまりにも鮮烈すぎる夏の過客たち

初ワンマン公演、初〈RISING SUN〉、そして強制連行!?

連載
BO NINGENの人生一度きり
公開
2013/08/30   13:00
更新
2013/08/30   13:00
テキスト
文/Akihide Monna(BO NINGEN)


初ワンマン公演、初〈RISING SUN〉、そして強制連行!?



そして8月13日の代官山UNIT公演。
正式なライヴハウスでのワンマンは初めてのことで、プレッシャーはいつものライヴの比ではありませんでしたが、友人、知人、多くのお客さんが詰めかけてくれ、自分たちのテンションは今回行ったライヴ中でも最高潮の盛り上がり。
演奏時間も2時間近くの長尺で、新旧の曲を織り交ぜたスペシャル・セット。
肉体的にも自分の身体が持つのか不安でしたが、限界を超えた新しい境地、もしくは黄泉にうっすら到達したか……と思われた頃に無事終了。



BoNingen_A14
最後の最後ドラム目線



そして、日本での最後の演奏は北海道の〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉。
出演者、関係者の方々の前評判通り、天国でした。
酒呑みにとって無限に湧き続けるビール(サッポロ)の泉と、これまた際限なく焼き続けられるジンギスカンは夢のタッグ。



BoNingen_A15
奥のバーが例の〈泉〉。スタッフとみんなで団欒



そして演奏翌日の早朝5時、われわれは恐らく自分たちが経験したことのない長さの移動を強いられることになります。

ざっと行程を記すと、札幌→成田→ロンドン→オランダのフェスという感じで、ロンドンはヒースロー空港に着いてからわが家に帰る間もなく、寝台の付いたヴァンが迎えに来てくれて、そのままフェリーでフランスへ。
そしてヨーロッパを北上してオランダへ強制連行。
約30時間に及ぶ移動はなかなかのものでした。
もう時差ボケなんてしている暇はありません。



BoNingen_A16
前方が寝台のあるほう、後方が機材などのスペース。左は今回のドライヴァー(お腹が……



BoNingen_A17
イギリスという現実。戻ってて初の食事、全員フィッシュ&チップスを食すの図。フェリーにて



〈ローランド・フェスティヴァル〉。
オランダ最大規模のフェスなのだそうで、周りに池があったり木々が生い茂っていたりと自然も満喫でき、感じの良いフェスティヴァルでした。



BoNingen_A18
ようやく長距離移動を終えて



BoNingen_A19
オランダ版風雲たけし城」。くじらは当然潮を噴きます



BoNingen_A20
最後の最後ドラム目線2



後半へ行くに従い、スタミナ切れにより文章が短くなっているのはご容赦ください……。
われわれは次なるアルバムに向けて、目下新曲制作に勤しんでおります。
また新しい次元のBO NINGENを期待していてください。
そしてまた来年のいつか、どこかでお会いできることを願って結びとさせていただきます。



BoNingen_A22
ロンドンへ帰ろう夕焼けの差し込むヴァンにて



PROFILE/BO NINGEN



Taigen Kawabe(ヴォーカル/ベース)、Kohhei Matsuda(ギター)、Yuki Tsujii(ギター)、Akihide Monna(ドラムス)から成る4人組。2006年、ロンドンのアートスクールに通っていたメンバーによって結成。2009年にアナログ/配信で発表した『Koroshitai Kimochi EP』が現地で話題となり、〈Offset Festival〉をはじめとした地元メディアからも注目を集め、UKツアーのみならず、日本盤の発表後は日本でのツアーも成功させる。2011年にミニ・アルバム『Henkan EP』をリリース。最新作となるセカンド・アルバム『Line The Wall』(Stolen/ソニー)の日本盤も大好評。10月にロンドンで(N'夙川BOYSを招いての!)ヘッドライン・ショウがある模様ですが、それまでしばらくは……? 最新情報はこちらのサイトでチェック!



NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る