こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

Mark De Clive-Lowe

マーク・ド・クライヴ・ロウ

プロフィール

1974年8月16日生まれ、ニュージーランド・オークランド出身のキーボード奏者/プロデューサー。ニュージランド人の父と日本人の母をもつ。ジャズ・ピアニストとしてデビューし、98年から2008年まで英・ロンドンを拠点に活動、オマーらとも共演。2000年のデビュー作『シックス・ディグリース』が高評価を得て、脚光を浴びる。2008年以降は米・ロサンゼルスを拠点に活動を展開。ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ブレイクビーツ、ベース・ミュージックなどを融合したサウンドを構築し、プロデューサーとしても活躍。2019年に日本をテーマにしたアルバム『ヘリテージ・ワン&ツー』をリリース。

2012/07/30 (2019/07/26更新) (CDジャーナル)

ディスコグラフィ