こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

ジャニーン・ド・ビーク(ソプラノ歌手) Fm yokohama「Piano Winery ~響きのクラシック」へ出演

カテゴリ : Classical セール

掲載: 2022年08月17日 18:00

ジャニーン・ド・ビーク

ジャニーン・ド・ビークさん(ソプラノ歌手)Fm yokohama 「Piano Winery ~響きのクラシック」への出演決定!!

カリブ海南端に位置するトニダード・トバゴ出身の新進ソプラノ歌手、ジャニーン・ド・ビークさんのFm yokohama クラシック番組「Piano Winery~響きのクラシック~」(毎週土曜18:45-19:00放送、DJ:樋口あゆ子)、2022年8月20日(土)放送回への出演が決定しました。当日はジャニーン・ド・ビークさんのインタビューを交えながら、彼女の演奏が紹介されます。
(タワーレコード)

Piano Winery~響きのクラシック~
番組サイト
https://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/PianoWinery

ジャニーン・ド・ビークさん(ソプラノ歌手)の経歴
カリブ海南端に位置するトニダード・トバゴ、正式にはリパブリック・オブ・トリニダード・アンド・トベイゴに生まれたジャニーン・ド・ビークは、「声」・「技術」・「解釈」の3拍子揃った稀有な歌手。俊敏でリズミカルな驚異的アジリタ(コロラトゥーラ)の魅力もあって、欧米では人気上昇中。音楽大学「マンハッタン・スクール・オブ・ミュージック」で研鑽を積み、卒業後はウィーン国立歌劇場をはじめ欧米の数々の有名オペラ・ハウスでのデビューを果たし好評を博しました。真摯な学びの姿勢も相まって、モンテヴェルディからモーツァルト、ベルカント、ブラームス、ヴォルフ、マーラー、ラヴェル、現代作品に至るまで、各時代の様式を踏まえながら、自分の解釈を緻密に仕上げることが可能な歌手です。
2022年1月Berlin Classicsよりソロ・デビュー・アルバム「Mirrors~ソプラノのためのオペラ・アリア集~ヘンデル、テレマン、グラウン、他」をリリースしました。
(日本出版貿易)

ジャニーン・ド・ビークさんのCD、好評販売中!!

0302017BC
Mirrors~ソプラノのためのオペラ・アリア集
【曲目】
1.グラウン:歌劇「クレオパトラとチェーザレ」から「壊滅的な被害を受けた中で」
2-3.ヘンデル:歌劇「ジューリオ・チェーザレ」から「ああ神よ!私は何を感じているのか?」「あなたが私に同情しないのであれば」
4.ヘンデル:歌劇「アグリッピーナ」から「嵐の中の私の魂」
5.テレマン:歌劇「ゲルマニクス」から「残酷な想い出」
6.ヘンデル:歌劇「パルテノペ」序曲
7.ヘンデル:歌劇「ロデリンダ」から「帰ってきて、私の愛しい大切な宝物」
8.グラウン:歌劇「ロンバルディア王妃ロデリンダ」から「運命の残酷な厳しさ」(世界初録音)
9.ヘンデル:歌劇「デイダミア」から「私を不幸にしておいて、何を自慢するのか」
10.マンナ:歌劇「シロのアキレス」から「誰が私のことを有罪だと言えるでしょうか?」(世界初録音)
11.ヴィンチ:歌劇「パルテノペ」序曲
12.ヘンデル:歌劇「アルチーナ」から「涙が残っています」
13.ブロスキ:歌劇「アルチーナの島」から「涙が残っています」(世界初録音)
【演奏】
ジャニーン・ド・ビーク(ソプラノ)
コンチェルト・ケルン
ルカ・クインタヴァッレ(指揮/チェンバロ)

 

こちらは出演映像作品