こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

9年の歳月をかけペシェク&チェコ・ナショナル響のマーラー交響曲全集が完結!

カテゴリ : ニューリリース  | タグ : ボックスセット(クラシック) 

掲載: 2018年01月12日 00:00

ペシェクのマーラー交響曲全集

ペシェク&チェコ・ナショナル響のマーラー交響曲全集が遂に完結!

チェコ・ナショナル交響楽団は1993年にトランペット奏者ヤン・ハーズネルにより、チェコの精鋭奏者を集めて創設されました。初代常任はチェコの名指揮者ズデニェク・コシュラー(1928~1995)。コシュラーとのコンビで設立当初からプラハを拠点に演奏会にレコーディングに精力的に活動し、優秀な技量と卓越したアンサンブルによりその名声を高めました。コシュラーの急逝後の1996年にはアメリカ人指揮者のポール・フリーマン(1936~2015)が音楽監督兼首席指揮者となり、10年に渡ってオーケストラを支えました。この間、チェコ・ナショナル交響楽団は日本のテレビ・コマーシャルでも度々起用され、乾電池やウィンナーソーセージのコマーシャルを覚えている方も多いことでしょう。そして、2007年には現代チェコの巨匠リボル・ペシェク(1933~)が首席指揮者に就任。再びコシュラー時代の輝きを取り戻しています。

このマーラーの交響曲全集は、ペシェクが首席指揮者に就任した2007年の第5番で録音がスタートし、2016年録音の第10番アダージョで全集完結となりました。ご存知のようにマーラーはチェコに縁の深い作曲家であり、同コンビとは共通の文化的土壌を背景としている上、アンチェルやスメターチェクといった表現主義~即物主義の様式をもった大指揮者に学んだペシェクの鋭い感覚と精緻な楽譜の読みが加わり、実に聴き応えのある演奏となっています。第4番のソプラノに、1998年に第11回チャイコフスキー国際コンクール声楽部門で日本人初の第1位を受賞した佐藤美枝子が起用されていることも親しみを感じさせます。
(タワーレコード)

リボル・ペシェク

1933年6月22日、チェコ・プラハ生まれの指揮者。地元の音楽芸術アカデミーでピアノ、チェロ、トロンボーンを学び、ヴァーツラフ・スメターチェクやカレル・アンチェルらに指揮法を師事。その後、プラハ室内管を創設し、音楽監督に就任。80年からスロヴァキア・フィルの首席指揮者、82年から90年までチェコ・フィルの常任指揮者、87~98年までロイヤル・リヴァプール・フィルの音楽監督を歴任。以降、世界各地のオーケストラで客演を継続。母国チェコ音楽の解釈に定評があるほか、ドヴォルザークやスーク、ノヴァーク、エルガー、スクリャービンなどの録音で知られている。96年に大英帝国勲章、97年にチェコ国家功労勲章を受勲。
(音楽出版社)

マーラー(1860-1911):交響曲全集

[CD 1: OUT 044 (1CD)]
交響曲第1番 ニ長調
録音:2008年1月、ルドルフィヌム、プラハ、チェコ

[CD 2-3: OUT 078 (2CD)]
交響曲第2番 ハ短調「復活」
エヴァ・ウルバノヴァー(ソプラノ)
カテジナ・ヤロフツォヴァー(アルト)
ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団
ペトル・フィアラ(合唱指揮)
録音:2010年1月、ルドルフィヌム、プラハ、チェコ

[CD 4-5: OUT 057 (2CD)]
交響曲第3番 ニ短調
ダグマル・ペツコヴァー(メゾソプラノ)
ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団
ペトル・フィアラ(合唱指揮)
キューン児童合唱団
イジー・フヴァーラ(合唱指揮)
録音:2012年1月、ライヴ、スメタナ・ホール、市民会館、プラハ、チェコ

[CD 6: OUT 079 (1CD)]
交響曲第4番ト長調
佐藤美枝子(ソプラノ)
録音:2009年2月、ルドルフィヌム、プラハ、チェコ

[CD 7: OUT 080 (1CD)]
交響曲第5番 嬰ハ短調
録音:2007年3月、ルドルフィヌム、プラハ、チェコ

[CD 8-9: OUT 068 (2CD)]
交響曲第6番 イ短調「悲劇的」
録音:2014年1月、ライヴ、スメタナ・ホール、市民会館、プラハ、チェコ

[CD 10-11: OUT 077 (2CD)]
交響曲第7番 ホ短調(*)
交響曲第10番 嬰ヘ短調(アダージョ)(+)
録音:2015年1月(+)、2016年1月(*)、ライヴ、スメタナ・ホール、市民会館、プラハ、チェコ

[CD 12-13: OUT 076 (2CD)]
交響曲第8番 変ホ長調「千人の交響曲」
アンナ・キェリケッティ、ドリアーナ・ミラッツォ、カテジナ・クニェジーコヴァー(ソプラノ)
イヴォナ・シュクヴァーロヴァー、カテジナ・ヤロフツォヴァー(アルト)
マルチェッロ・ナルディス(テノール)
ジャンフランコ・モトレゾル(バリトン)
オンドレイ・ムラース(バス)
ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団
ペトル・フィアラ(合唱指揮)
カンティレーナ児童合唱団
ヤクプ・クレツケル(合唱指揮)
録音:2011年1月、ライヴ、スメタナ・ホール、市民会館、プラハ、チェコ

[CD 14-15: OUT 060 (2CD)]
交響曲第9番ニ長調
録音:2013年1月、ライヴ、スメタナ・ホール、市民会館、プラハ、チェコ

【演奏】
チェコ・ナショナル交響楽団
リボル・ペシェク(指揮)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.