こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ヴィキングル・オラフソンのDG録音第2弾はJ.S.バッハの“鍵盤作品&編曲集”!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : クラシックLP

掲載: 2018年07月18日 00:00


[Deutsche Grammophon 公式チャンネルより]

昨年『フィリップ・グラス:ピアノ・ワークス』で衝撃的なメジャー・デビューを果たしたオラフソンのドイツ・グラモフォン第2弾!

世界が注目する「アイスランドのグレン・グールド」(ニューヨーク・タイムズ紙)

今年6月に初来日、アシュケナージ、庄司紗矢香とNHK交響楽団定期公演におけるメンデルスゾーンの協奏曲でそのヴェールを脱いだ新鋭ピアニストは、また、武蔵野文化会館でのリサイタルにおけるバッハとグラスで聴衆を魅了しました。

「バッハはカレイドスコープ」(様々な音楽や人生を映す万華鏡)と語るオラフソンは、誰もが録音している《ゴルトベルク変奏曲》や《パルティータ》、《フランス組曲》のような全曲・全集録音ではなく、親しみ深い曲から少々サプライズ的なあまり注目されていない曲までを含む選曲により、バッハの様々な側面に光をあて、新しさを感じさせるユニークなアルバムとして提示しています。
もともと鍵盤作品ではない曲のピアノ編曲は、ラフマニノフ、ブゾーニ、シロティ、ストラダルからオラフソン自身による編曲まで、世代によってどう変化してきたかという違いも興味深いところです。バッハの無限の可能性を探究した非凡なアルバムとなっています。
(ユニバーサルミュージック)

『バッハ』
【収録予定曲目】
J.S.バッハ:
1. 前奏曲(前奏曲とフゲッタ ト長調 BWV902)
2. 今ぞ喜べ、愛するキリスト者の仲間たちよ(コラール BWV734 ケンプ編曲)
3-4. 前奏曲とフーガ(平均律クラヴィーア曲集第1巻から第10番 ホ短調 BWV855)
5. オルガン・ソナタ第4番 BWV528 第2楽章(ストラダル編曲)
6-7. 前奏曲とフーガ(平均律クラヴィーア曲集第1巻から第5番 ニ長調 BWV850)
8. いざ来たれ、異教徒の救い主よ BWV659(ブゾーニ編曲)
9-10. 前奏曲とフーガ(平均律クラヴィーア曲集第1巻から第2番 ハ短調 BWV847)
11. いざ、罪に抗すべし BWV54(オラフソン編曲)
12-23. イタリア風のアリアと変奏 イ短調 BWV989
24. 2声のインヴェンション第12番 イ長調 BWV783
25. 3声のシンフォニア第12番 イ長調 BWV798
26. ガヴォット(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006から ラフマニノフ編曲)
27. 前奏曲第10番ロ短調(前奏曲とフーガ BWV855a シロティ編曲)
28. 3声のシンフォニア第15番 ロ短調 BWV801
29. 2声のインヴェンション第15番 ロ短調 BWV786
30-32. 協奏曲 ニ短調BWV974
33.主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ BWV639(ブゾーニ編曲)
34-35. 幻想曲とフーガ イ短調 BWV904
【演奏】
ヴィキングル・オラフソン(ピアノ)
【録音】
2018年4月 レイキャヴィク

輸入盤CD

 

国内盤CD

[SHM-CD]

 

LP

【コンサート情報】
ヴィキングル・オラフソン plays  バッハ  ペートーヴェン
2018年10月2日(火) 19:00開演(18:30開場) 紀尾井ホール
2018年10月4日(木) 19:00開演(18:30開場) HAKUJU HALL

詳細はこちら>>>


【プロフィール】
ヴィキングル・オラフソン
1984年アイスランド生まれ。2008年にジュリアード音楽院でロバート・マクドナルドのクラスを卒業。ジュリアード・オーケストラ、アイスランド交響楽団などと共演。オックスフォード大学とレイキャヴィーク大学で音楽のマスタークラスの指導者として迎えられるだけでなく、クラシック音楽に新しい扉を開くことを目的とした学生のためのアウトリーチ・リサイタルも開いている。5つのピアノ協奏曲を初演。彼はまた、音楽を広めるためにメディアに出演し、アイスランド放送のための約10本のテレビシリーズ「音楽エピソード」の制作も行った。2012年にはレイキャヴィク・ミッドサマー音楽祭を創設して芸術監督を務める。また、2015年からはスウェーデンのヴィンターフェスト音楽祭の芸術監督に就任した。アイスランド音楽賞、アメリカン・スカンジナビア社会文化賞、ジュリアード・バルトーク・コンクール賞、ロータリー財団文化賞など、多くの賞を受賞。庄司紗矢香やビョークらとも共演し、アイスランドに新風を吹き込む若き音楽家。
彼は伝統的なコンサート・ピアニストであると同時に、ビョークやオーラヴル・アルナルズ等コンテンポラリー・コンポーザーたちともコラボレーションを行い新たな世界を切り拓いている。