こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ZZ TOPのギタリスト、ビリー・ギボンズ(Billy Gibbons)約3年ぶり2枚目のソロ・アルバム『The Big Bad Blues』

掲載: 2018年10月05日 09:13

Billy Gibbons

(c) photo by Blain Clausen

 

米ロック界の重鎮バンドZZ TOPのギタリスト兼ヴォーカル、ビリー・ギボンズが2015年に発表されたソロ・デビュー作『ペルフェクタムンド』以来、約3年ぶりとなる2枚目のソロ・アルバム『ビッグ・バッド・ブルース』が完成!

スパニッシュや、アフロ・キュ―バンといったラテン・サウンドとハード・ロックが融合した作風であった前作に対し、今作『ビッグ・バッド・ブルース』はZZ TOPを彷彿とさせるブルージーなハード・ロック全開!

今作には、「シカゴ・ブルースの父」と称されるマディ・ウォーターズ作曲「スタンディング・アラウンド・クライング」、「ローリン・アンド・タンブリン」を含むカヴァー5曲とギボンズのオリジナル曲が収録。

今作に対してギボンズは、「俺たちは、『ペルフェクタムンド』で表現した“キューバン”という未知の分野のなかで俺たち自身の道を作り出し、その旅は終わった」、「ブルースに立ち返ることはナチュラルなことで、それは俺たちのファンが、ルーツや伝統の経験に満足すると同時にアートの形を広げる豊かさを感じながら楽しむことが出来ることだ」とコメント。

 

【収録曲】
1. ミッシン・ヨー・キッシン / Missin’ Yo’ Kissin’ (Gilly Stillwater)
2. マイ・ベイビー・シー・ロックス / My Baby She Rocks
3. セカンド・ライン / Second Line
4. スタンディング・アラウンド・クライング / Standing Around Crying (Muddy Waters)
5. レット・ザ・レフト・ハンド・ナウ / Let The Left Hand Know…
6. ブリング・イット・トゥ・ジェローム / Bring It To Jerome (Jerome Green)
7. ザッツ・ホワット・シー・セッド / That’s What She Said
8. モ‘・スローワー・ブルース / Mo’ Slower Blues
9. ハリウッド / 151Hollywood 151
10. ローリン・アンド・タンブリン / Rollin’ and Tumblin’ (Muddy Waters)
11. クラッキン・アップ / Crackin’ Up (Bo Diddley)
12. ジャパン・ボーナス・トラック収録予定

 

Cinco: The First Five Lps

ZZトップの71年~76年に発表したデビュー・アルバムから5作目までを収納した第1弾、79年~90年に発表した通算6作目~10作目を収納した第2弾、2つの180グラム重量盤アナログ・ボックス・セットが発売。