こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

輸入盤も発売!エマニュエル・パユ~『エアラインズ ~ アレクサンドル・デスプラ作品集』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年03月13日 00:00

更新: 2020年06月05日 12:00


[Emmanuel Pahud 公式チャンネルより]

映画「ブラック・ウィドウ」、「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」、「犬ヶ島」など近年の注目映画音楽も多数手掛け、映画音楽以外にも、川端康成の短編「無言」を原作に、満を持して書き下ろした初のオペラ“サイレンス”を発表するなど、多方面で活躍している映画音楽の巨匠アレクサンドル・デスプラ。

今作はベルリン・フィルの首席フルーティストを務めるエマニュエル・パユによるアレクサンドル・デスプラ作品集。
デスプラ自身が編曲し、指揮も務めています。アカデミー賞作曲賞を受賞した「シェイプ・オブ・ウォーター」、「グランド・ブダペスト・ホテル」の音楽を組曲にしたものや、モーリス・メーテルリンクの戯曲「ペレアスとメリザンド」にインスパイアされ作曲された協奏交響曲「ペレアスとメリザンド」。
エマニュエル・パユに献呈され、その初演コンサートのライヴが収録されています。
(タワーレコード)

2019年、川端康成の生誕120周年を記念して短編小説「無言」をもとに制作されたオペラ「サイレンス」。2020年1月には日本でも初演され、大きな話題を呼んだこの作品に素晴らしい音楽を書いたのが、映画音楽作曲家アレクサンドル・デスプラです。2014年の『グランド・ブダペスト・ホテル』と、2017年の『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を受賞、現代最高の映画音楽作曲家の一人とされるデスプラ。今回はエマニュエル・パユのために自身の作品をフルートとオーケストラ用に編曲し、自らフランス国立管弦楽団の指揮をかってでるなど、今回のアルバムでは大活躍しています。「エアラインズ」と題されたこのアルバムには、前述の2つの作品を始め、オリジナルの作品が含まれており、「まるで映画を見るかのように、心の中でイメージを喚起できる」内容です。例えば、メーテルリンクの名作「ペレアスとメリザンド」には、ドビュッシー、フォーレ、シベリウス、シェーンベルクらが思い思いの曲を書いていますが、デスプラはこれらを凌駕するかのような美しい音楽を、フルートのための協奏交響曲としてを書いています。どの曲も、デスプラが「最も愛する楽器」として挙げるフルートが、全編に渡って大きな存在感を発揮するように書かれており、パユはそれに応え、見事なコラボレーションを繰り広げています。
(ワーナーミュージック)

『シェイプ・オブ・ウォーター(エアラインズ) ~ アレクサンドル・デスプラ作品集』

【曲目】
アレクサンドル・デスプラ:
1.シェイプ・オブ・ウォーター(パリ組曲)
2.協奏交響曲「ペレアスとメリザンド」 第1楽章:追われた鳥のように
3.協奏交響曲「ペレアスとメリザンド」 第2楽章:彼らは光を見る
4.協奏交響曲「ペレアスとメリザンド」 第3楽章:鉛の露、容赦ない闇
5.ラスト、コーション
6.真珠の耳飾りの少女
7.記憶の棘
8.エアラインズ(独奏フルートのための)
9.「グランド・ブダペスト・ホテル」組曲

【演奏】
エマニュエル・パユ(フルート)
アレクサンドル・デスプラ(指揮・編曲)
フランス国立管弦楽団

【録音】
2018年12月、パリ、フランス放送オーディトリアムでのライヴ

輸入盤

 

国内盤

[UHQCD仕様]

 

エマニュエル・パユ