こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

合唱団「ガリカントゥス」によるスナイダー作曲「絶滅危惧種へのミサ」

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年07月17日 12:00


Mass for the Endangered: Sanctus - Benedictus

New Amsterdam/Nonesuchのパートナーシップによるこのアルバム。自然界、動物、植物、昆虫、惑星への祝福と哀歌を歌った、画期的なインディー・クラシックによるミサ曲。

この作品の作曲家サラ・カークランド・スナイダーは、ニュージャージー州プリンストンで生まれ、少年合唱団学校の両親の家庭に育ちました。アメリカ国内で最も有名な高校合唱団の1つであったプリンストン高校合唱団に参加し多くを学び、その後ウェスリアン大学で学士号を取得し、イェール音楽院でアーティストディプロマを取得。インディーロックやポピュラーな音楽のイディオムだけでなく、クラシカルな室内楽や器楽曲形式を取り入れ、現在ではインディー・クラシックのジャンルの中で「最も洗練された、21世紀の作曲トレンドの重要な代表」と、高い評価を得ている作曲家のひとりとなっています。
『「絶滅危惧種へのミサ」は、伝統的なカトリック・ミサの概念に対する反省でもあります。グロリア、サンクトゥス、ベネディクトス、キリエ、クレド、アニュス・デイの伝統的なラテン語のテキストに、作曲家スナイダーによる補完によって、その忠実性が強化されています。ミサの起源は、カトリックの伝統では人間のイメージの神の崇拝によって表されていますが、それ自体に対する人類の関心として根ざしています。ナサニエル(神の賜物)と私は、ミサの精神的な瞑想の音楽様式を取り入れ、それらを人間以外の生命、動物、植物、環境への適用することは興味深いと思いました。慈悲、懺悔のために、より高い力への訴えがありますが、その訴えは神ではなく自然そのものに向けられています』と、スナイダーは語っています。
各楽器の音色と声楽のバランスを注意深く行い、微妙な色と質感を浮かび上がらせ方は、アンサンブル全体のダイナミックな強さを、作品の真の共和となり、音楽の到着点として機能されています。合唱と楽器の声の間の音色の交換を特徴とすることが多く、広いダイナミックレンジが全体にわたっており、綿密なイントネーションが絶妙に組み込まれています。
合唱団「ガリカントゥス」は、ガブリエル・クラウチ、クリストファー・ワトソンなど、タリス・スコラーズ、キングズ・シンガーズ、テネブレでの演奏経験を持つ名歌手たち構成されるイギリスのア・カペラ・グループ。この録音では、女声と、12の器楽奏者も加わり、全員が共有しようとしている惑星を破壊する恐れがあるという考え方、悪性または無関心から、平等、思いやり、保護を訴えています。
(ワーナーミュージック)

【収録曲】
サラ・カークランド・スナイダー:「絶滅危惧種へのミサ」

【演奏】
ガリカントゥス、
ガブリエル・クラウチ(ディレクター)
器楽アンサンブル