こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

注目の指揮者ジョシュア・ワイラースタイン&ローザンヌ室内管によるショスタコーヴィチ(バルシャイ編曲):室内交響曲Op.73a&Op.83a

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年01月05日 00:00

ショスタコーヴィチ(バルシャイ編曲):室内交響曲Op.73a&Op.83a

注目の指揮者ジョシュア・ワイラースタインによるショスタコーヴィチ!

1987年ニューヨーク生まれのジョシュア・ワイラースタイン。ニューヨーク・フィルでアラン・ギルバートの助手を務めたのち、現在はローザンヌ室内管弦楽団の音楽監督の座にあり、NHK交響楽団にも既に登場しています(チェリストのアリサ・ワイラースタインは姉)。
協奏曲や歌手との共演以外では2016年のストラヴィンスキー(MDG)以来となるアルバムは、彼が高い興味を持っている作曲家の一人ショスタコーヴィチ。
バルシャイが室内交響曲として編曲した5曲の弦楽四重奏曲のうち、番号の若い2曲を収録しています。
これらはワイラースタインが手兵ローザンヌ室内管と作り上げた音楽性に非常にマッチしたものとみえて、編曲の巧みさもさることながら、作品のツボを隅々まで心得た明快な表現は爽快感を覚えるほど。

ボーナス・トラックとして自らの解説も収録する力の入れようで、ここは敬愛するバーンスタインに倣ったものかもしれません。幅広い表現力で評価されているワイラースタイン。今後のリリースも楽しみです。
(ナクソス・ジャパン)

『ドミートリー・ショスタコーヴィチ/ルドルフ・バルシャイ編曲: 室内交響曲 Op.73a、83a』
【曲目】
ドミートリー・ショスタコーヴィチ(1906-1975)/ルドルフ・バルシャイ編曲:
1-5. 室内交響曲 ヘ長調 Op.73a
(原曲: 弦楽四重奏曲 第3番 ヘ長調 Op.73)

6-9. 室内交響曲 ニ長調 Op.83a
(原曲: 弦楽四重奏曲 第4番 ニ長調 Op.83)

ボーナス・トラック
10. ジョシュア・ワイラースタインによる室内交響曲 ヘ長調 Op. 73a の解説
11. ジョシュア・ワイラースタインによる室内交響曲 二長調 Op. 83a の解説

【演奏】
ジョシュア・ワイラースタイン(指揮)
ローザンヌ室内管弦楽団

【録音】
2019年6月30日-7月2日
メトロポール劇場、ローザンヌ