こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ENJA REAL JAZZ CLASSICS シリーズ第5期20タイトル 2021年1月27日発売

タグ : ジャズ復刻&発掘 リマスター リイシュー

掲載: 2021年01月14日 16:22

ENJA REAL JAZZ CLASSICS

ホルスト・ウェーバーとマティアス・ウィンケルマンという2人の熱心なジャズ・ファンによって1971年にミュンヘンで設立されたENJA(European New Jazz)レコード。マル・ウォルドロンやトミー・フラナガン、ジョン・スコフィールドら数多くの名盤を生み出したヨーロッパを代表する真に良質なジャズ・レーベルの核となるメインストリーム・ジャズの名盤を復刻する注目の新シリーズ〈ENJA REAL JAZZ CLASSICS〉!今回、第5期が登場!

ENJA REAL JAZZ CLASSICS シリーズ第5期20タイトル
2021年1月27日発売(水)発売
最新リマスター、日本語解説書き下ろし、オリジナルジャケット使用

マル・ウォルドロン・ウィズ・クリフォード・ジョーダン / ホワット・イット・イズ

【日本初CD化】長くヨーロッパで活動していたマル・ウォルドロンが1981年にニューヨークでクリフォード・ジョーダンのテナーをフロントに迎え録音したスタジオ盤。セシル・マクビー~ダニー・リッチモンドとの硬派なトリオでプレイするポスト・バップ・サウンド


V.A (ビル・エヴァンス、カーリン・クローグ、ボビー・ハッチャーソン、アーチー・シェップ) / ライヴ・アット・ザ・フェスティバル

旧ユーゴスラヴィアのリュヴィリャナで開催されていたジャズ祭で録音された音源をまとめたライヴ作品!1972年のビル・エヴァンス・トリオ、1973年のカーリン・クローグとアーチー・シェップ、1970年のボビー・ハッチャーソンの演奏をそれぞれ収録したレアな記録


チャールズ・ミンガス / イン・ヨーロッパ VOL.1

鬼才エリック・ドルフィー擁するチャールズ・ミンガス・クインテットが1964年にドイツで行ったコンサートを収録したミンガス名盤!クリフォード・ジョーダン、ジャッキー・バイヤード、ダニー・リッチモンドの強烈なメンバーと共にアグレッシヴな演奏を聴かせるミンガス


テテ・モントリュー / ボディ・アンド・ソウル

カタルーニャ出身情熱の天才ピアニスト、テテ・モントリューがジョージ・ムラーツ~ジョー・ナイのリズムとのトリオで 1971年にミュンヘンのドミシルで行った熱く華麗なライヴ作品!テテの流れるようなタッチとスウィンギーなリズムとの完璧なトライアングル


ケニー・ワーナー / ビヨンド・ザ・フォレスト・オブ・マークウッド

【日本初CD化】ピアニスト、ケニー・ワーナーがデビュー間もない1980年にソロで録音した美しすぎるピアノ作品!自己と対峙しソロ・ピアノで自作曲の数々を奏でたソロ・ピアノ・ブーム時代に作られた多くの作品の中でも群を抜く美しい作品


ウォルター・ノリス~アルダー・ペゲ / ウィンター・ローズ

【日本初CD化】サド~メル・オーケストラでも活躍したアーカンソー出身のピアニスト、ウォルター・ノリスが1980年にハンガリーのバカテク・ベース奏者アルダー・ペゲとデュオで録音したテクニシャン同士によるハードなスタジオ盤


エディ・ロックジョウ・デイヴィス / ジョウズ・ブルース

【日本初CD化】ゴリゴリの極悪ブロウで人気のエディ・ロックジョウ・デイヴィスが1981年にミュンヘンのドミシルでホレス・パーラン~レジー・ジョンソン~アルヴィン・クイーンの鉄壁トリオをバックに従え豪快なファンキー・ライヴを繰り広げた熱狂のライヴ


ポーター~プラスキン・カルテット・ウィズ・サル・ネスティコ / ソネット・フォー・サル

【日本初CD化】『マーチ・ブルース』で人気ピアニストとなったラリー・ポーターが、アルト奏者アラン・プラスキンと組んだカルテットによるスタジオ盤!ゲストにウディ・ハーマン楽団で鳴らした名テナー奏者サル・ネスティコを迎え熱いセッションを繰り広げる!


高瀬アキ / シマ・ショーカ

ドイツを拠点に活躍するピアニスト、高瀬アキが1990年にベヒシュタイン・ホールで行った完全ソロ・ピアノ作品!この作品で初めてドイツ批評家賞を受賞した記念すべき作品で、美しくもパラレルな高瀬ワールドが炸裂した名


アート・ファーマー / イン・ヨーロッパ

【日本初CD化】当時ヨーロッパで活躍していた巨人アート・ファーマーが1970年にオーストリアのピアニスト、フリッツ・パウアー率いるトリオを率いミュンヘンのドミシルで行ったライヴ盤!グルーヴィなパウアーのピアノとふくよかなファーマーのフリューゲル・サウンドの相性が抜


ジム・ペッパー / ダコタ・ソング

キネイティヴ・アメリカンの血を引くテナー奏者ジム・ペッパーが1987年に名サイドマン、カーク・ライトシー率いるトリオをバックにワン・ホーンでゴリゴリにブロウしまくったスタジオ快作!ライトシーの好サポートで切れ味鋭いテナーを聴かせるペッパー


早坂紗知&スター・アップ! / 2.26

ソプラノ・サックス奏者早坂沙智が1992年2月26日に同じ誕生日の山下洋輔をゲストに迎え行ったバースデイ・ライヴを収録したライヴ作品!佐藤達也とのサックス2管と暴れまわる山下洋輔とのアグレッシヴなセッションに会場は大盛り上がり


ゾールサウンド・カルテット・フィーチャリング・リー・コニッツ / オープン・ハーツ

【日本初CD化】往年のジェリー・マリガン・ピアノレス・カルテットを範としたドイツのバリトン奏者トーマス・ゾラー率いるゾールサウンド・カルテット!クール・ジャズのアイコン、リー・コニッツをフィーチャーした黄金時代のクール・サウンドを彷彿とさせるスタジオ作


サニー・マレイ~オデアン・ポープ~ウェイン・ドッケリー / 13#・ステップス・オン・グラス

【日本初CD化】フリー・ドラムのアイコン、サニー・マレイがマックス・ローチ・カルテットの顔だったサックス奏者オデアン・ポープ、ジャズ・メッセンジャーズで活躍したウェイン・ドッケリーとのトリオでビバップをストレートに演奏したハードなメインストリーム作品


クリストフ・スティーフェル・トリオ / ドリーム・オブ・ザ・キャメル

輸入盤で話題となり2018年には来日公演も果たした人気スイス人ピアニスト、クリストフ・スティーフェルが2001年にトリオで録音した美しくもアグレッシヴなスタジオ盤!ブルーベック「テイク・ファイヴ」、エディ・ハリス「フリーダム・ジャズ・ダンス」などカバーも秀逸!


ジュニア・マンス・トリオ / 朝日のようにさわやかに

ファンキーなノリとグルーヴィなアドリヴで1960年代から活躍する名ピアニスト、ジュニア・マンスが1994年にミュンヘンでジミー・ウッド~ボビー・ ダーハムとのベテラン・リズムと組み録音したスタジオ盤!日本のジャズ・ファンが愛してやまないタイトル曲でのファンキー・タッチが最高


高瀬アキ・ルディ・マハール / デュエット・フォー・エリック・ドルフィー

鬼才・高瀬アキがドイツのバスクラリネット奏者ルディ・マハールとデュオで臨んだエリック・ドルフィー作品集!緊張感溢れるマハールのバスクラ・サウンドと、時に激しく時に優しくマハールを包みこむ高瀬のピアノとが完璧に調和したドルフィー賛歌!


カール・ベルガー~デイヴ・ホランド~エド・ブラックウェル / クリスタル・ファイヤー

ドイツの鬼才ヴィブラフォン奏者カール・ベルガーが1991年にデイヴ・ホランド~エド・ブラックウェルとのレギュラー・トリオで録音した耽美的で透明感溢れるスタジオ好盤!凛とした佇まいのヴィブラフォン・サウンドと自由度の高いリズムとの組み合わせが絶妙

エディ・ハリス / ダンシング・バイ・ア・レインボー

電化サックスやレス・マッキャンとのソウル・ジャズ・ユニットでも知られるシカゴのテナー・スター、エディ・ハリスが亡くなる前年の1995年にロナルド・マルドロウらドス黒軍団をバックに吹き込んだ最高にファンキーでソウルフルなグルーヴ作品!

ロナルド・マルドロウ / ディアスポラ

【日本初CD化】今ではジョージア・アン・マルドロウのお父さんと言えば聞こえが早いか、ウェス・モンゴメリー直系ギタリスト、ロナルド・マルドロウがマルグリュー・ミラー~ピーター・ワシントン~ヨロン・イスラエルとのカルテットでグルーヴしまくった正統派ジャズ・ギター・アルバ

ENJA REAL JAZZ CLASSICS シリーズ

第4期 2020年10月21日発売 20タイトルはコチラ
第3期 2020年7月29日発売 20タイトルはコチラ
第2期 2020年4月22日発売 20タイトルはコチラ
第1期 2020年1月22日発売 20タイトルはコチラ