こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ラルペッジャータによる魅力的なアレンジで甦るナポリ音楽!『アラ・ナポリターナ』(2枚組)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年08月27日 12:30


[Warner Classics 公式チャンネルより]

ラルペッジャータによる、独特なナポリのバロック音楽を中心として、独自な情熱的音楽にアレンジして伝えた活気に満ちた音楽演奏!

クリスティーナ・プルハーとラルペッジャータは、イタリアの大都市で最も酔わせる独特なナポリの音楽を探索します。
この2枚組アルバム「アラ・ナポリターナ」は、17世紀から20世紀の音楽の中で、街の慈悲深い個性を表現し、1700年代後半に有名になったいわゆるナポリ楽派のオペラスタイルとポピュラーソングやダンスを取り入れています。その中には、南イタリアを象徴する活気に満ちた、時には熱狂的なダンスであるタランテラなどの代表的楽曲を、彼女らの独特な音楽を作り出し、その例をあげていきます。

全部で24トラックのこの作品は、ナポリ自体と同じように多様でカラフル。ヴェネツィア生まれ、ナポリで活躍したクリストフォロ・カレザーナによるクリスマスの優雅な作品であるカンタータ「La Veglia」(The Vigil)、ピエトロ・アントニオ・ジラーモによる劇的で大胆な作品など対照的な作品。18世紀ポピュラーソングでタランテラの楽曲「Lo Guarracino」は、ナポリ湾の魚の間の愛、嫉妬、対立について語った超早口な楽しい曲。20世紀初頭の作曲家ロドルフォ・ファルヴァオの情熱的な作品まで収録し、数世紀にわたる、クラシック音楽、トラディショナル音楽、歌謡曲の境界を超えたプログラムで楽しませてくれます。
(ワーナーミュージック)

『アラ・ナポリターナ』

【曲目】
[CD1]
18世紀トラディショナル: Alla fiera di Mast’André(Tarantella)
アンドレア・ファルコニエーリ(1585-1656):Aria sopra la Ciaccona - L’Eroica
ピエトロ・アンドレア・ツィアーニ(1616-1684):Dormite, o pupille
フランチェスコ・プロヴェンツァーレ(1632-1704):Cuccopinto de st’arma
18世紀トラディショナル: Lo Guarracino (Tarantella)
ロドルフォ・ファルヴォ(1873-1937):Dicitencello Vuje
アントニオ・ファリーナ(1675頃):Se dormi, ben mio
クリストフォロ・カレザーナ(1640?-1709):La Tarantella
18世紀トラディショナル: Raziella
ピエトロ・アントニオ・ジラーモ(1619-1650):Che vidde più lieto
ジョヴァンニ・レグレンツィ(1626-1690):Con cent’occhi
アンドレア・ファルコニエーリ(1585-1656):Il Spiritillo Brando
ピエトロ・アントニオ・ジラーモ: La Pazza

[CD2]
クリストフォロ・カレザーナ: La Veglia - Una dama, la più fortunata - Ballo detto la Barerra - Non e vero
クリストフォロ・カレザーナ: La Veglia - Basti, sospenda il ballo
クリストフォロ・カレザーナ: La Veglia - Dormi o ninno
クリストフォロ・カレザーナ: La Veglia - Silenzio o voci
クリストフォロ・カレザーナ: La Veglia - Gioca al ombre il mio bel sole
シジスモンド・ディンディア(1582-1629), Sfere: fermate
クリストフォロ・カレザーナ: La Pastorale
ルイージ・ロッシ(1597-1653):Che più far degg’io
ピエトロ・アンドレア・ツィアーニ: Aure voi che sussurate
ピエトロ・アントニオ・ジラーモ: Il Pazzo
18世紀トラディショナル: Fenesta che luciva (Lamento funebre)

【演奏】
クリスティーナ・プルハー(指揮、テオルボ)
ラルペッジャータ(器楽アンサンブル)

セリーヌ・シェーン(ソプラノ)
ブルーノ・デ・サ(ソプラニスタ)
ヴェラール・バルナ=サバドゥス(カウンターテナー)
ルシアーナ・マンチーニ(メゾ・ソプラノ)
ヴィンチェンツォ・カペッツート(カウンターテナー)
アレッサンドロ・ジャングランデ(テノール)
ザカリー・ワイルダー(テノール)
ジョアン・フェルナンデス(バス)

【録音】
2021年3月19-24日、パリ、イル・ド・フランス国立管弦楽団スタジオ