こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ホーネック&ピッツバーグ響による大好評シリーズ第12弾!ブラームス:交響曲第4番&マクミラン:管弦楽のためのラルゲット(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2021年10月05日 00:00

マンフレート・ホーネック

ホーネック&ピッツバーグ響
シリーズ第12弾!
ブラームス第4番&マクミランの世界初演作


長年高音質レーベルとして高い評価を得ているREFERENCE RECORDINGS。そしてREFERENCE RECORDINGS はもちろん、PENTATONE,BIS,など録音に定評のある数々のレーベルの録音を40年以上に渡って担当しているsound mirror社がタッグを組んだ大好評「ピッツバーグ・ライヴ!」シリーズ。
シリーズ第12弾は、ブラームスの交響曲第4番、そしてカップリングはマクミランの「管弦楽のためのラルゲット」

マンフレート・ホーネックは2008年から首席指揮者を務めているピッツバーグ交響楽団との契約を2027/2028シーズンまで延長。ピッツバーグ交響楽団はこれまでに、フリッツ・ライナー、アンドレ・プレヴィン、ロリン・マゼール、マリス・ヤンソンスなど、多くの世界的指揮者たちが率いてきました。
また、メイソン・ベイツ、ジョナサン・レシュノフ、ジェームズ・マクミラン、ジュリア・ウォルフなど現代作曲家への委嘱作品をはじめ、常に新しい作品にも力を入れてきています。マンフレート・ホーネックとのシーズンも13年目となり、125年の歴史を誇るオーケストラと共に、今後の更なる活動にも注目が集まっています。

ブラームスの最後の交響曲第4番。ブラームスの交響曲の集大成ともいえる作品で、1885年10月25日マイニンゲンでブラームス自身の指揮によって初演されました。見事な建築のような絶対音楽でありながら、ブラームス晩年の特有な哀愁と美しさを存分に湛えた孤高の魅力あふれる作品。ホーネックは、その音楽的構造や、独自の解釈について、ライナーノーツで語っています。

スコットランド出身の現代作曲家ジェームズ・マクミラン。ここに収録されている「管弦楽のためのラルゲット」は、ホーネックの音楽監督就任10周年を記念して、オーケストラから委嘱された作品。2017年10月に世界初演され、このアルバムにはその際の演奏が収録されています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ブラームス:交響曲第4番
ジェイムズ・マクミラン(1959-):管弦楽のためのラルゲット(2017)

【演奏】
マンフレート・ホーネック(指揮)
ピッツバーグ交響楽団

【録音】
2018年4月20-22日(ブラームス)
2017年10月27-29日(マクミラン)
ハインツホール、ピッツバーグ(ライヴ)

輸入盤(SACDハイブリッド)

SACD 5.0 & Stereo
CD Stereo
54'00

 

国内仕様盤(SACDハイブリッド)

[日本語帯・解説付き]
SACD 5.0 & Stereo
CD Stereo
54'00