こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレの最新盤!ジェズアルド:マドリガーレ集第1巻

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年01月28日 00:00

ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ

レコード・アカデミー賞2017を受賞した“ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ”!活動当初から続くカルロ・ジェズアルドの音楽。最新盤はマドリガーレ集第1巻!

モンテヴェルディの傑作「聖母マリアの夕べの祈り」(GCD922807)で2017年レコード・アカデミー賞「音楽史部門賞」を受賞し、一躍その名を世界へ轟かせた屈指のラテン系ヴォーカル・アンサンブル、"ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ"。
レコーディング第11弾は、「マドリガーレ集第6巻(GCD 922801)」、「レスポンソリウム集(GCD 922803)」、「マドリガーレ集第3巻(GCD 922806)」、「マドリガーレ集第2巻(GCD 922809)」と、同グループが最初の録音から度々取り組んできた異端の天才、カルロ・ジェズアルドの音楽。Glossaでは、ラ・ヴェネクシアーナ(別名義の団体ですが複数の主要メンバーが重複しているアンサンブル)がマドリガーレ集の第4巻(GCD920934)と第5巻(GCD 920935)を録音しているため、これでジェズアルドの5声のマドリガーレ集全6巻のレコーディング・プロジェクトが20年超をかけてようやく完結しました。

聖職者の家柄、ヴェノーザ公、コンツァ伯という貴族であると同時に、妻と不倫相手を殺めた血塗られた側面、晩年の孤独な末路という数奇な人生を歩んだ天才作曲家、カルロ・ジェズアルド(1566-1613)。
第2巻と同時期の1594年(当時28歳で、不貞の妻殺し事件の4年後)にフェラーラで出版された5声のマドリガーレ集第1巻は、おそらく1591年より前に作曲されていた作品を集めたもので、後期の有名な実験的作風とは遠く離れた、若い作曲家の明快で申し分のない、そして効果的な音楽からなります。
当時の音楽と詩に対する深い知識、美しい声と精確なチューニング、そしてこれらの作品に含まれる豊かな愛情(affetti)を表現する上での絶妙な表現力により、この要求の多いレパートリーの新たなマイルストーンとなるであろう素晴らしい録音が実現しました。
アディショナル・トラックとして、「ラ・キメラ」が演奏する器楽作品、ポンポニオ・ネンナの5声のマドリガーレ集第8巻に収録されたジェズアルドの2つのカンツォネッタも収録。
(東京エムプラス)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[解説・歌詞日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]
解説:マルコ・ビッザリーニ(日本語訳:生塩昭彦)

 

『ジェズアルド:マドリガーレ集第1巻』
【曲目】
カルロ・ジェズアルド(1566-1613):
マドリガーレ集第1巻(5声)(フェラーラ、1594)
ヴェノーサ公のガリアルダ(器楽)*
カンツォネッタ「わが心のひとよ、どのように生きているのか」
カンツォネッタ「月桂樹の木陰で」

【演奏】
ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ
[メンバー]
ロッサーナ・ベルティーニ(ソプラノ)
フランチェスカ・カッシナーリ(ソプラノ)
エレーナ・カルツァニーガ(アルト)
ジュゼッペ・マレット(テノール)
ラッファエーレ・ジョルダーニ(テノール)
マッテオ・ベッロット(バス)
ダニエーレ・カルノヴィチ(バス)

ラ・キメラ(古楽アンサンブル)*

【録音】
2019年8月、9月、10月&2020年7月、イタリア