こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

アンドルー・リットン率いるシンガポール響によるショスタコーヴィチの管弦楽曲集!(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2022年02月09日 00:00

シンガポール交響楽団

リットン率いるシンガポール響による
ショスタコーヴィチの管弦楽曲集!!

ラン・シュイ(水藍)が世界的なオーケストラへ育て上げたシンガポール交響楽団。BISレーベルからリリースしている多くの録音でも知られますが、当アルバムではアンドルー・リットンを迎えてショスタコーヴィチの管弦楽作品を録音しました。

ショスタコーヴィチは交響曲、オペラ、映画音楽、バレエ音楽などあらゆるジャンルに名作を残していますが、30 代以降は時代背景を表した重々しく暗い作品のイメージがあります。当アルバムでは若かりしショスタコーヴィチの明るい側面をあらわした作品ばかりを集めました。

ジャズ・オーケストラのための第1組曲(ジャズ組曲第1番)は1934年に「ソビエト・ジャズ」の評価を高めることを目的として作られた3つの短い楽章からなる組曲で、当ディスク唯一のオリジナル作品です。
このほかは既存の作品からのアレンジもの。「ポルカ」が有名なバレエ音楽『黄金時代』組曲、コルホーズの農民と芸術家たちとの相互理解を描いたバレエ音楽『明るい小川』組曲、様々な作品から8つの楽章にまとめられたステージ・オーケストラのための組曲、そしてヴィンセント・ユーマンス(1898-1946)の大ヒット曲「二人でお茶を」を管弦楽用に編曲した『タヒチ・トロット』を収録しております。
ゴージャスなサウンドを見事にとらえたBISレーベルが誇る技術陣渾身の録音です!
(キングインターナショナル)

【曲目】
ショスタコーヴィチ:
1.ジャズ・オーケストラのための第1組曲(1934)
2.バレエ音楽『黄金時代』組曲 Op.22a(1930/1935)
3.バレエ音楽『明るい小川』組曲 Op.39a(1935/1945)(チタレンコ編)
4.ステージ・オーケストラのための組曲(1950年代)
5.『タヒチ・トロット』(1927)

【演奏】
アンドルー・リットン(指揮)
シンガポール交響楽団

【録音】
2019年8月20-23日、エスパラネード・ホール(シンガポール)
セッション録音

プロデューサー、エディティング、ミキシング:インゴ・ペトリ(Take5 Music Production)
サウンド・エンジニア:ファビアン・フランク(Arcantus Musikproduktion)

DSD
5.0 Surround sound
マルチチャンネル
BIS ecopak
69'14