こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

スペインのバロック・ヴァイオリニスト、リナ・トゥール・ボネがGlossaに登場!ビーバー:ヴァイオリン・ソナタ集

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年03月03日 00:00

リナ・トゥール・ボネ

スペインのバロック・ヴァイオリニスト、リナ・トゥール・ボネがGLOSSAに登場!「ロザリオのソナタ」でも大きな反響を呼んだビーバーのスペシャリスト。新録音はビーバーのヴァイオリン・ソナタ集!

同世代でもっともエキサイティングなヴァイオリニストの一人と評されるスペインのバロック・ヴァイオリニスト、リナ・トゥール・ボネと、彼女が結成したバロック・アンサンブル「ムジカ・アルケミカ」が、スペインを代表する古楽レーベル Glossa(グロッサ)に移籍!
記念すべきGlossa第1弾は、ザルツブルク宮廷の楽長も務めた17世紀オーストリアのヴァイオリン・ヴィルトゥオーゾ、ハインリヒ・イグナツ・フランツ・ビーバー(1644-1744)のヴァイオリン・ソナタ集。
リナ・トゥール・ボネは、1681年にニュルンベルクで出版された8つのヴァイオリン・ソナタから4曲を選び、1696年に出版された「技巧と楽しみの調和(Harmoniaartificioso-ariosa)」から、2本のヴィオラ・ダモーレのためのパルティータ(パルティア)1曲をカップリング。

ビーバーの大作「ロザリオのソナタ集」の全曲録音でも批評家や聴衆から高い評価を得、2018年の来日公演を含むヨーロッパ各地でも全曲演奏を行ってきたスペシャリストであるリナ・トゥール・ボネが新たに挑むビーバー。超絶技巧、新しい技法、奇抜さ、果てしない創意工夫に満ちた、スティルス・ファンタスティクス(幻想様式)の全盛期を彩るヴァイオリン・ソナタにご注目ください。
(東京エムプラス)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[解説日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]
解説:リナ・トゥール・ボネ(日本語訳:TEXTRAVAUX)

 

【曲目】
ハインリヒ・イグナツ・フランツ・ビーバー(1644-1704):
ヴァイオリン・ソナタ集(ニュルンベルク、1681) ~
ソナタ第3番ヘ長調
ソナタ第5番ホ短調
ソナタ第1番イ長調
ソナタ第6番ハ短調
2本のヴィオラ・ダモーレのためのパルティータ第7番ハ短調(《技巧と楽しみの調和》(1696)より)

【演奏】
リナ・トゥール・ボネ(バロック・ヴァイオリン、ヴィオラ・ダモーレ)
ムジカ・アルケミカ

【録音】
2021年10月、アンテケーラ(スペイン)