こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

輸入盤も情報解禁!ネルソンス&ボストン響+ゲヴァントハウス管『リヒャルト・シュトラウス管弦楽作品集』(7枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2022年03月31日 00:00

更新: 2022年04月26日 00:00


R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》より
ネルソンス指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

伝統継承! オーケストラの醍醐味を堪能する、R.シュトラウスBOX!

国内盤はMQACD×UHQCD、グリーンカラー・レーベルコート仕様
後期ロマン派を代表する作曲家リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)は、大編成のオーケストラを駆使した交響作品やオペラでロマン派のひとつの到達点を築いた重要な作曲家。その代表的管弦楽作品を7枚に集成した新録音によるBOXセット。
現代屈指の指揮者、アンドリス・ネルソンスが率いる“実際にR.シュトラウスが振った”ゆかりのある2つのオーケストラを起用。R.シュトラウスは1887年から度々ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮台に立ち、1907年には最初の公式客演指揮者に任命された。当時の首席指揮者ニキシュは、その最後のシーズン、1920/21年(100年前!)にR.シュトラウスの交響詩全9曲のツィクルスをプログラムし、それ以降、R.シュトラウス演奏の長い伝統が築かれている。一方、1904年に大規模なアメリカ・ツアーを行ったR.シュトラウスは、「世界で最も偉大なオーケストラのひとつとここで素晴らしいコンサートを指揮した」とボストン交響楽団を讃えている。
《ドン・キホーテ》にはヨーヨー・マ、《ブルレスケ》にはユジャ・ワンといった超一流の名手が参加している。

【曲目】
リヒャルト・シュトラウス(1864–1949)

CD 1 – ボストン交響楽団
1-22 アルプス交響曲 TrV 233(作品64)
23 歌劇《影のない女》による交響的幻想曲 TrV 234a

CD 2 – ボストン交響楽団
1-14 交響詩《ドン・キホーテ》 TrV 184(作品35)
ヨーヨー・マ(チェロ)
スティーヴン・アンセル(ヴィオラ)
15-18 歌劇《インテルメッツォ》から4つの交響的間奏曲 TrV 246a

CD 3 – ボストン交響楽団
1-4 交響詩《死と変容》 TrV 158(作品24)
5-11 家庭交響曲 TrV 209(作品53)

CD 4 – ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
1-6 交響詩《英雄の生涯》 TrV 190(作品40)
フランク=ミヒャエル・エルベン(ヴァイオリン・ソロ)
7-9 交響詩《マクベス》 TrV 163(作品23)

CD 5 – ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
1-9 交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》 TrV 176(作品30)
セバスティアン・ブロイニンガー(ヴァイオリン・ソロ)
ミヒャエル・シェーンハイト(オルガン)
10-13 交響的幻想曲《イタリアから》 TrV 147(作品16)

CD 6 – ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
1 交響詩《ドン・ファン》 TrV 156(作品20)
2 ブルレスケ ニ短調 TrV 145
ユジャ・ワン(ピアノ)
3 楽劇《サロメ》から 7つのヴェールの踊り
4-6 メタモルフォーゼン TrV 290 ―23の独奏弦楽器のための習作

CD 7
1 祝典前奏曲 TrV 229(作品61)オルガンとオーケストラのための
オリヴィエ・ラトリー(オルガン)
ボストン交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(合同演奏)
2-6 交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》 TrV 171(作品28)
7 歌劇《火の危機》から 愛の場面
ボストン交響楽団
8-12 ばらの騎士 ―オーケストラのための演奏会用組曲 TrV 227d
13 バレエ《泡立ちクリーム》から 泡立ちクルームのワルツ
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
セバスティアン・ブロイニンガー(ヴァイオリン・ソロ)

録音:ボストン、シンフォニー・ホール、2017年11月-12月(CD 1: 1–22); 2021年10月(CD 1: 23; CD 3: 1–4; CD 7: 7); 2018年3月-4月(CD 2: 1–14); 2021年3月(CD 2: 15–18); 2019年9月-10月(CD 3: 5–11); 2019年10月-11月(CD 7: 1); 2019年5月(CD 7: 2–6); ライプツィヒ、ゲヴァントハウス、2021年5月(CD 4: 1–6; CD 5: 1–9; CD 6: 3; CD 7: 8–12); 2021年3月(CD 4: 7–9; CD 5: 10–13); 2021年6月(CD 6: 1–2; CD 7: 13); 2021年2月(CD 6: 4–6)