こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ブリュッヘン&新日本フィル2011年ライヴ!ベートーヴェン:交響曲全集(5枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : BEETHOVEN 2020 ボックスセット(クラシック)

掲載: 2022年04月15日 12:00

フランス・ブリュッヘン

ブリュッヘンとモダン・オケのCDは初登場!
新日本フィルとのベートーヴェン交響曲全集!

巨匠フランス・ブリュッヘン(1934-2014)が愛した新日本フィルとのベートーヴェン全集が登場。ブリュッヘンにとってモダン・オケとの録音が世に出るのは世界初となります。元々長身痩身の人でしたが、この時期はさらに痩せて眼光の鋭さが目立ちます。演奏は生命力が漲るこの眼光通りの見事さです。ピリオドアプローチだからこそ正しい演奏であるという単純な図式とは一線を画する類まれな統率力と斬新なアイディアに満ちたベートーヴェン。アジテーション溢れる表現者ブリュッヘンの面目躍如の趣があります。録音も上々で、未亡人、ソリスト、合唱団のリリース快諾も頷ける一品。美麗夫婦箱による装丁。オーケストラの配置はヴァイオリン両翼。右サイドにチェロ、左サイドにヴィオラ、コントラバスとなっております。

安田和信氏による解説より
音楽に内在する意味を聴き手に印象づけるために興味深い工夫が仕掛けられていた点も興味深かった。第3番《英雄》の冒頭で指揮台に上がるや否や、拍手も収まらぬまま、いきなり主和音2連発をお見舞いした時、聴き手の多くは驚愕したはず。また、第9番終楽章で、それまで舞台にいなかったバリトン歌手が袖からさっと姿を表し、手振りを交えながら「おお友よ、このような音ではなく」と歌い始めたのもユニークだった(他の独唱者たちはその後に入場)。ブリュッヘンは、歴史的な情報からヒントを得る演奏解釈に取り組み続けてきたパイオニアではあるが、作品の特徴を聴き手に伝えるためならば、いろいろな手段を使うのも躊躇わないのだろう。
(東武商事)

ベートーヴェン:交響曲全集

CD1
交響曲第1番 [10:02][8:28][3:39][5:58]
交響曲第3番「英雄」 [18:55][13:41][5:34][12:04]
録音:2011年2月8日すみだトリフォニーホール
CD2
交響曲第2番 [12:34][10:32][3:38][6:21]
録音:2011年2月8日すみだトリフォニーホール
交響曲第6番「田園」 [11:37][11:54][5:36][3:15][9:03]
録音:2011年2月16日すみだトリフォニーホール
CD3
交響曲第4番 [11:41][9:04][5:33][6:49]
交響曲第5番「運命」 [7:00][9:21][5:01][10:05]
録音:2011年2月11日すみだトリフォニーホール
CD4
交響曲第8番 [9:33][4:17][4:28][7:38]
録音:2011年2月21日サントリーホール
交響曲第7番 [14:38][8:14][8:56][8:41]
録音:2011年2月16日すみだトリフォニーホール
CD5
交響曲第9番「合唱付き」 [14:38][13:32][12:21][23:04]
録音:2011年2月21日サントリーホール
【演奏】
フランス・ブリュッヘン(指揮)
新日本フィルハーモニー交響楽団
(CD5)栗友会合唱団
リーサ・ラーション(S)
ウィルケ・テ・ブルメルストゥルーテ(A)
ベンジャミン・ヒューレット(T)
デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(Br)