こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

2011年に急逝した名チェリスト、フランソワーズ・グローベンの録音集成(6枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2022年05月26日 12:00

フランソワーズ・グローベン

2011年に急逝した名チェリスト、フランソワーズ・グローベンの録音集成。
ライヴ初出音源を含む演奏の数々を6枚組で発売!

ルクセンブルクが生んだ名チェリスト、フランソワーズ・グローベン。2011年5月28日、40代半ばで急逝し、その訃報は世界のクラシック・ファンを悲しませました。これまでサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団、エルサレム交響楽団、グルジア室内管弦楽団、チューリッヒ室内管弦楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団などのオーケストラと、ダニエル・ハーディング、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、エフゲニー・スヴェトラーノフといった名指揮者と共演し、ソリストとして活躍。また1997年から2003年までトーマス・ツェートマイアーが第1ヴァイオリンをつとめるツェートマイアー・クァルテットのチェロ奏者として活躍するなど、室内楽の名手としても知られます。
「イン・メモリアム」と題した6枚組ボックスにはライヴの初出音源を数多く収録。20世紀の協奏曲を中心に、いかにレパートリーが広いかを示すような充実の内容をおさめております。
またグローベンは自国の作曲家の作品を積極的に演奏したことでも知られ、ことに女性作曲家の作品演奏には力を入れていました。歿後10年が過ぎた今もなお愛され続けるグローベンの情熱的な演奏。多くのファンを魅了し続ける音楽がこのボックスに収められております。

※ライヴ録音の一部は音質のばらつきがあるものの、グローベンの貴重なドキュメンタリーとしてCD化を決定したとのことです。
(キングインターナショナル)

【曲目】
《CD1》
(1)エルガー:チェロ協奏曲 ホ短調 Op.85
(2)ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番 変ホ長調 Op.107
(3)ブルッフ:コル・ニドライ Op.47

《CD2》
(4)サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調 Op.33
(5)チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 Op.33
(6)マルティヌー:チェロ協奏曲第1番 H.196
(7)ダンツィ:チェロ協奏曲第1番 イ長調

《CD3》
(8)ハイドン:チェロ協奏曲第1番 ハ長調 Hob VIIb.1
(9)ハイドン:チェロ協奏曲第2番 ニ長調 Hob VIIb.2
(10)ボッケリーニ:チェロ協奏曲第2番 ニ長調 G 479

《CD4》
(11)シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821
(12)ドヴォルザーク(アンドレーアス・N・タルクマン編曲):ロンド Op.94 [編曲版・世界初録音]
(13)アレクサンダー・ミュレンバッハ(1949-):チェロ協奏曲「光と影の連祷」 [世界初録音]
(14)エリセンダ・ファブレガス(1955-):アンダルシアの色彩

《CD5》
(15)ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 Op.19
(16)グリーグ:チェロ・ソナタ イ短調 Op.36
(17)ブゾーニ:セレナータ~チェロとピアノための ト短調 Op.34
(18)ヒラリー・タン(1947-):ザ・クレセット・ストーン(1993)~チェロ独奏のための
CD6
(19)ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番 ロ短調 Op.8
(20)シューマン:弦楽四重奏曲第3番 イ長調 Op.41
(21)タン:ガーデンズ・オブ・アンナ・マリア・ルイザ・デ・メディチ(2004)~フルート、チェロ、ピアノのための

【演奏】
(1)(2)RTL交響楽団、レオポルド・ハーゲル(指揮)
(3)(6)ルクセンブルク室内管弦楽団、ニコラ・ブロシュ(指揮)
(4)(5)ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、デヴィッド・シャローン(指揮)
(7)コレギウム・ムジクム・デア・ウニヴェルズィテート・カールスルーエ、フーベルト・ハイツ(指揮)
(8)(10)ソロイスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルク、ヤック・マルティン・ヘンドラー(指揮)
(9)ハイデルベルク交響楽団、トーマス・ファイ(指揮)
(11)レ・ミュジシャン、ピエール・カオ(指揮)
(12) PRISMA 木管八重奏団
(13)ベルリン・フィル弦楽合奏団、アレクサンダー・ミュレンバッハ(指揮)
(14)イヴァン・ガヤン(ピアノ)
(15)(16)アルフレッド・パール(ピアノ)
(17)マリア・ヴィトシンスキ(ピアノ)
(19)グラフ・ムリャ(ヴァイオリン)、ペーター・ラウル(ピアノ)
(20)ツェートマイアー・クァルテット
[トーマス・ツェートマイアー(ヴァイオリン)、マティアス・メッツァー(ヴァイオリン)、ルース・キリウス(ヴィオラ)、フランソワーズ・グローベン(チェロ)]
(21)マイニンガー・トリオ
[クリストファー・マイニンガー(フルート)、フランソワーズ・グローベン(チェロ)、ライナー・ゲップ(ピアノ)]
以上、フランソワーズ・グローベン(チェロ)

【録音】
(1) 1994年5月2&5日(セッション)
(2) 1994年7月12&13日(セッション)
ヴィラ・ルヴィニー、ルクセンブルク [原盤:BGL(1994)]
(3) 2011年3月11日(ライヴ)
(6) 2009年5月31日(ライヴ)
聖ジャン・バプティスト教会ルーヴェン、ルクセンブルク
(4) 1999年7月(セッション)
(5) 1999年9月(セッション)
コンセルヴァトワール・ド・ルクセンブルク [原盤:BGL(1999)]
(7) 2002年2月3日(ライヴ)
カールスルーエ音楽大学、ドイツ
(8) 1990年(セッション)
エッシュシュルアルゼット劇場、ルクセンブルク [原盤:SEL(1990)]
(9) 2001年5月11日(ライヴ)
(13) 1995年4月23日(ライヴ)
エヒテルナハ聖堂、ルクセンブルク
(10) 1993年(セッション)
ベットボーン、ルクセンブルク [原盤:SEL(1993)]
(11) 1997 年1月26日(ライヴ)
マルベルク、ルクセンブルク
(12) 2003 年6月1日(ライヴ)
ハーゲンオーセン、ドイツ
(14) 2007年11月11日(ライヴ)
キューブ521、マルナッハ、ルクセンブルク
(15)(16)1993年(セッション)
コンサート・スタジオ、ケルン、ドイツ [原盤:AUROPHON( 1993)]
(17) 1998年9月& 12月(セッション)
ケルン・クントハウス、ドイツ [原盤:CAPRICCIO 10794]
(18)(21) 2005年(セッション)
ドイチュラントラジオ・クルトゥーア、ベルリン、ドイツ [Profil PH-05019(2005)]
(19) 2005年8月(ライヴ)
カンブレー劇場、フランス
(20) 2001年8月(セッション)
チューリヒ放送、スイス [原盤:ECM 1793]

関連記事