こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

CODE-V カヴァー・アルバム『Love&Harmony』発売記念インタビュー

連載
K-POP LOVERS!
公開
2016/03/29   18:30
テキスト
interview:長澤香奈(タワーレコード)

 


初回限定盤Aジャケット写真 (左→右)テフン、ナロ、サンウ、ウシク

 

3月30日にリリースされるCODE-Vのカヴァー・アルバム『Love&Harmony』は、美しいアコースティック調のアレンジとなったJ-POPの名曲たちを、4人が重厚なハーモニーで歌い上げるという、シンプルながらも奥深い作品。オリジナル・メンバーであるサンウとナロが復帰し4人体制となったCODE-Vの〈声〉をじっくりと堪能できるほか、Mr.Childrenの“しるし”やモンゴル800の“小さな恋のうた”といった世代を問わず愛される名曲たちの魅力も感じられる仕上がりだ。オリジナル・メンバーでの活動時からCODE-Vを聴いていたという方にとってはどこか懐かしく、昨年のウシク、テフン体制の時代からCODE-Vをチェックし始めたという方には新鮮に映るであろう本作について、現在インストア・ライヴ・ツアーで全国を回っているという4人に、お話を伺いました。

 

カヴァー・アルバムは、CODE-Vとして新しいスタイルを見せられるチャンス(テフン)

――今回の作品は、日本の名曲をメインとしたカヴァー・アルバムになりましたが、カヴァー・アルバムを作りますと最初聞いた時、率直にどう思いましたか?

テフン「みなさんにCODE-Vとして新しいスタイルを見せられるチャンスじゃないかなって」

ウシク「僕は心配性なので、どういう風になるんだろうって単純に考えて。これまでに経験がないから、いざハモります!って話になっても慣れてないから不安もあったんですけど、練習のときに先輩たちが優しく教えてくれて、ライヴでも助けてもらったことで、自信を持ってみなさんに心をこめて歌うことができて。『Love&Harmony』を準備しながら、こういう楽しさもあるんだなって改めて知るきっかけになりました」

サンウ「前からずっと夢見てきたことだったので、光栄ですし、すごくワクワクして。僕とナロは前からアカペラで歌ってるから慣れてますし、練習すればすぐできるんですけど、ウシクとテフンはアカペラで歌う機会がなかったから、ライヴで歌うときに不安もありましたけど、歌ってみたらぜんぜん大丈夫でした」

――今回のアルバムは、全編に渡ってアレンジがアコースティック調になってますよね。アレンジを実際に聴いてみて、個人的に好きな曲はありますか?

ウシク「僕は、“しるし”と“君のうた”の2曲。“君のうた”は、前奏の部分でブラス・バンドっぽい音が入ってて、僕の好きな韓国のアーティストのBrown Eyed Soulさんっぽい感じのアレンジやコーラスになっているんです。聴いたときに、先輩たちと一緒に歌ったら、尊敬してるアーティストに一歩近づいている感じがして、自分もBrown Eyed Soulさんのように歌えるんじゃないかって思って、嬉しかったです」

サンウ「たくさんありますけど、“My First Kiss”はいろんな方がカヴァーしてる曲ですよね。ロック・ヴァージョンもあるし。この曲を僕たちがアカペラでアレンジして歌ってみたらどうかなって思ってやってみたら、結構いい感じに仕上がったんじゃないかと思ってます」

テフン「印象に残ってるのは“小さな恋の歌”。もともと凄く好きな曲なんで、カヴァー・アルバムを準備する前から結構聴いてた曲なんですけど、今回のアレンジがオリジナルとかなり違うんですね。CODE-Vとして、僕らの色を出せるいい感じに変わったんじゃないかと思いました」

ナロ「僕は“チェリー”がいいなって。今回のリリース・イベントでも2回ぐらい歌いましたけど、すごく気持ちがいいです。盛り上がれる曲ですね」

 

 

イベントでカヴァー曲の後に “Spring Love”を歌っても最後まで聴いて下さる方が多くて(サンウ)

――実際、リリース・イベントでの反応はどうですか?

ウシク「今回はカヴァー・アルバムの曲がメインだから、みなさんが知っている曲を歌っているので、その場にいる方が足を止めて見て下さっている感じがあって、嬉しかったです」

ナロ「有名な曲ばかりなので、宣伝しやすいです(笑)。僕たちが昔、アカペラでカヴァー曲を歌ってましたけど、洋楽曲もあったので、その時とお客さんの反応が違いますね」

サンウ「カヴァー曲を歌ってお客さんが足を止めているときに、最後“Spring Love”を歌ったんですよ。それも反応が良くて、最後まで聞いて下さる方が多くて」

ウシク「今回、日本の名曲のほかに、“Spring Love”をサンウ先輩、ナロ先輩と一緒にセルフ・カヴァーすることになりましたけど、もともと2人だけで歌っているのはもったいないなって前から思ってて。ハーモニーを作って歌ったらどうなるんだろうって気になってたんですよね。実際にやってみると、ファンのみなさんも、4人で歌って爽やかな感じでいいねっていう方も多かったです。この曲が、CODE-Vの新しい武器になるんじゃないかなって思います」

サンウ「みんなでいろいろと話していて、ウシク、テフンの2人体制のときもいい曲が多かったし、“Spring Love”を聴いた瞬間から、〈コレだ!〉っていう、ピンときたこともあって、セルフ・カヴァーは“Spring Love”になりました」

――セルフ・カヴァーと言えば、3月18日のZeppライヴ〈再会〉で、“衝動”を4人で歌っていたのも印象的でした。

ウシク「サンウ先輩とナロ先輩が完璧に踊れるようになりました(笑)」

テフン「“衝動”を歌ってるとき、僕は一番端っこにいるので、全員の動きが見えるんですね。で、お兄さんたちが凄く頑張って踊っている姿が見えて。でもアンコールだし、ここまでもたくさん動いたから、きっと辛いだろうなって……(笑)」

ウシク「僕たち2人で歌っているときも、“衝動”は大変で。動きも激しいし、音も高いし。だから先輩たちが戻ってきてくれて4人で歌ことになって、楽になりました。僕たちは(笑)」

――次は“DANCIN’ CIRCLE”を……?

ナロ「いやいやいや……それは無理です(笑)」

サンウ「勘弁して下さい(笑)」

  

 

■初回生産限定盤A CD+DVD
MUCD-8072 ¥4,500(TAX IN)

【収録曲】
<CD>
1. ベイビー・アイラブユー
2. Choo Choo TRAIN
3. 君のうた
4. 遠く遠く
5. My First Kiss
6. チェリー
7. しるし
8. 小さな恋のうた
9. 猟奇的なキスを私にして
10. Spring Love(セルフカバー)
11. Promise You(オリジナル・アカペラ曲)
<DVD>
1. ドキュメンタリー(サンウ・ナロ再来日、レコーディング等)
2.「ベイビー・アイラブユー」 Music Image Video

【封入特典】イベント参加券封入

 

■初回生産限定盤B CD
MUCD-1348 ¥3,240 (TAX IN)

【収録曲】
<CD>
1. ベイビー・アイラブユー
2. Choo Choo TRAIN
3. 君のうた
4. 遠く遠く
5. My First Kiss
6. チェリー
7. しるし
8. 小さな恋のうた
9. 糸 (サンウソロ曲)
10.天使のため息(ナロソロ曲)
11.Promise You (オリジナル・アカペラ曲)

【封入特典】イベント参加券封入

 

■通常盤(CD)
MUCD-1349 ¥3,240(TAX IN)

【収録曲】
<CD>
1. ベイビー・アイラブユー
2. Choo Choo TRAIN
3. 君のうた
4. 遠く遠く
5. My First Kiss
6. チェリー
7. しるし
8. 小さな恋のうた
9. 猟奇的なキスを私にして
10. Spring Love(セルフカバー)
11. Promise You(オリジナル・アカペラ曲)

【封入特典】
イベント参加券封入(初回生産分のみ)

 

〈発売週リリース記念イベント開催〉
3/30(水)福岡、31(木)岡山、4/1(金)愛知、2(土)大阪、3(日)東京で開催! 詳しくは公式サイト( http://code-v.asia/ )でご確認ください。

〈『Love&Harmony』発売記念パネル展開催〉
対象店舗で期間中にCODE-Vの「Love&Harmony」をお買い上げいただいた方の中から抽選で、パネル展で使用したパネルに直筆サインを入れてプレゼント致します!

【対象店舗】
札幌ピヴォ店/ タワーミニアリオ仙台泉店/タワーミニ東京駅八重洲口店/町田店/グランツリー武蔵小杉店/浦和店/東浦店/アミュプラザ博多店/香椎浜店

【パネル展実施期間:3月29日(火)~
※終了期間は店舗によって異なります。対象店舗にお問い合わせください。
【抽選参加方法】期間中に『Love&Harmony』をパネル展開催店舗でお買い上げいただいた方にCD1枚につき1枚抽選券をお渡しいたします。
当選番号は各店店頭で発表いたします。
※展示期間、抽選券配布期間は店舗によって異なる場合がございます。
※パネルの受け渡し・当選番号発表期間等の詳細は抽選券、各店店頭または店舗スタッフにお尋ねください。


〈ルイ復帰のワンマンライブの開催〉
■2016年7月2日(土) umeda AKASO(大阪/梅田)http://www.akaso.jp/
■2016年7月10日(日)ザ・ガーデンホール(東京/恵比寿)http://gardenplace.jp/hall/

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る