こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

【追悼】指揮者ジェイムズ・レヴァイン(1943年6月23日 - 2021年3月9日)

カテゴリ : Classical セール

掲載: 2021年03月19日 12:00

更新: 2021年03月29日 17:00

ジェームズ・レヴァイン

アメリカ、オハイオ州シンシナティ出身の世界的名指揮者、ジェームズ・レヴァイン氏が2021年3月9日、カリフォルニア州パームスプリングズで亡くなりました。77歳でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

レヴァイン氏は1943年6月23日生まれ。幼き頃よりピアノを学び、10歳でシンシナティ交響楽団のユース・コンサートにデビューするまでに上達。56年、マールボロ音楽学校でルドルフ・ゼルキンにピアノを学び、翌年、アスペン音楽学校でロジーナ・レヴィンに師事しました。61年、ニューヨークのジュリアード音楽院に入学し、ジャン・モレルのもとで指揮コースを受講。64年にジュリアード音楽院を卒業し、70年までクリーブランド管弦楽団でジョージ・セルのアシスタントを務めました。

70年にサンフランシスコ・オペラにデビューした後は、コンサート、オペラ、室内楽で幅広く活躍。71年6月、イシュトヴァン・ケルテスの代役としてシカゴ交響楽団と合唱団を率いて、マーラーの交響曲第2番を指揮。このコンサートから、シカゴ交響楽団との長い付き合いが始まりました。73年から93年までは、故ケルテスの後任としてラヴィニア音楽祭の音楽監督を務めました。

一方オペラでは、71年6月5日、28歳でメトロポリタン歌劇場に『トスカ』でデビュー。72年2月に同劇場の首席指揮者に就任し、75年には音楽監督に就任しました。86年に同劇場の初代芸術監督に就任。2016年まで45年にわたって密接な関係にありました。また、ヨーロッパにおいても75年にザルツブルク音楽祭、82年にバイロイト音楽祭にデビューし、オペラ界の中心的指揮者として活躍しました。

コンサート指揮者としてはウィーン・フィル、ベルリン・フィル、シュターツカペレ・ドレスデン、フィルハーモニアの客演の常連となり、99年から2004年までチェリビダッケの後任としてミュンヘン・フィルの首席指揮者を務め、2004年から2011年には小澤征爾の後任としてボストン交響楽団の音楽監督を務めました。

ここでは彼の芸術を振り返るために、代表的なディスクをご紹介いたします。
(タワーレコード 商品本部 板倉重雄)

レヴァイン追悼廃盤復活!期間限定10%オフ!
レヴァイン逝去に伴い、ユニバーサル音源を用いたタワーレコード企画盤で廃盤であったレヴァインの旧譜4Wが復活します。2021年4月中旬入荷予定。期間限定10%オフですので、お求めはお早めに!


レヴァイン追悼!期間限定20%オフ
こちらは旧EMIの音源を用いたタワーレコード企画盤のSACDハイブリッド盤。70年代後半の名盤で、歌詞対訳も付いています。期間限定20%オフですので、お求めはお早めに!


2021年4月上旬再入荷!
BSO Classicsレーベルの下記2タイトルが再入荷します。とくにラヴェルの“ダフニスとクロエ”は2010年に第52回グラミー賞「Best Orchestra Performance」を受賞した名盤です。
※ モーツァルト交響曲集(BSO0015)は廃盤となりました。


交響曲/管弦楽曲の名盤




室内楽/器楽曲の名盤


オペラ/声楽曲の名盤


DVDで観るオペラ名盤