こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

日野皓正 幻の名盤『Hip Seagull』がタワレコ先行発売で遂に復刻

カテゴリ : ニューリリース | タグ : リイシュー ジャズ復刻&発掘

掲載: 2010年05月13日 13:25

更新: 2010年05月13日 13:28

数ある日野皓正の作品の中でも、永らく再発が待たれてきた名盤が
“2010:A GOOD MUSIC ODYSSEY”シリーズ第1弾としてリイシュー!

日野皓正

日野皓正の長いキャリアの中でも異色の本作は、日野が渡米した1970年代後半にレコーディングされた。
日本の音楽シーンの頂点を極め、更なる挑戦を求めて活動拠点をアメリカに移し、ギル・エヴァンス、ラリー・コリエル、エルヴィン・ジョーンズといったジャズ・ジャイアンツを相手にセッションに明け暮れていた時期である。

当時の日野の持てるテクニック・センスを総動員した本作は、参加ミュージシャンも超豪華。ギターにジョン・スコフィールド、ベースにクリント・ヒューストン、パーカッションにムトゥーメ、ヴォーカルに笠井紀美子を迎えた。どジャズ・リスナーからクラブDJ までもが敬意を表する和製マイルスによるもう1つの『ビッチズ・ブリュー』である。

【参加ミュージシャン】
日野皓正、峰厚介、ジョン・スコフィールド、益田幹夫、クリント・ヒューストン、日野元彦、ジョージ大塚、ムトゥーメ、笠井紀美子

 

○新宿店は、一般店のリリースよりも2週間も早い大先行発売!その他タワレコ全店も1週間の先行発売!

【発売スケジュール】
5月6日(木) TOWER RECORDS新宿店先行発売
5月13日(木)TOWER RECORS全店先行発売(TOWER RECORDS ONLINE含む)

5月20日(木)一般店発売

【2010:A GOOD MUSIC ODYSSEYシリーズとは?】
指一本で気に入った音楽が手に入る時代になり早数年…。CDというメディアの存在意義が問われている現在、CDショップの果たす役割も見直され始めています。流行の音楽、マスメディアで取り上げられている音楽も素敵ですが、それ以外にも、知られていない、知られる機会を失っている良質な音楽はまだまだ世界に沢山あります。そんな良質な音楽を聴く歓び、お店に足を運んで探す歓びをもう一度味わって欲しい。データじゃない、末永く手許に置いておきたい「作品」を厳選し、良質な音楽を探すあなたの旅のお手伝いを致します。

関連店舗