こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

浜田省吾|デビュー45周年。初の詩集『Journey of a Songwriter ソングライターの旅』6月23日発売|ニューシングル『この新しい朝に』も同時発売

浜田省吾初の詩集発売決定!デビュー45周年。シンガーソングライター浜田省吾の101曲の歌詞を収録。カラー写真も満載。

書籍

ホリガー&バーゼル室内管/シューベルト・ツィクルス完結編!交響曲第7番“未完成”

2018年の『グレート』から開始されたバーゼル室内管弦楽団とのシューベルトの交響曲全集録音の第5弾にして完結編です。これまでの4作品は、FONOFORUM誌、GRAMOPHONE誌などで演奏・録音ともに最高得点を獲得し絶賛されています。今回は名曲『未完成』にシューベルトが16歳の時に書いた九重奏曲『小葬送音楽』、さらに、この若書きの九重奏曲をもとにスイスの作曲家ローランド・モーザー(1943-)が書いた『エコーラウム(響きの部屋)』を組み合わせています

クラシック 交響曲・管弦楽曲

〈タワレコ限定・高音質〉Altus x TOWER RECORDS第6弾「知られざるミケランジェリ」全224分を1枚のSACDシングルレイヤーに収録!

ミケランジェリの知られざる貴重なライヴ音源を発掘しベストセラーとなったALTUS盤がタワーレコード限定で初SACD化。ベヒシュタインを弾いた75年の仏グランジュ・ドゥ・メレ・ライヴに、同時期73年のNHKホール・リサイタルと65年初来日時の読響との協奏曲の3枚分、全224分を1枚のシングルレイヤーに収録!

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

祝!アルゲリッチ80歳!バレンボイムと共演したドビュッシー:ピアノと管弦楽のための幻想曲

6月5日に80歳を迎えるアルゲリッチのアニバーサリーを祝うリリース。1年違いでブエノスアイレスで生まれ共に名教師スカラムッツァの許で学んだ二人の神童は、1949年(アルゲリッチ8歳、バレンボイム7歳)に初めて出会いました。ドビュッシーの幻想曲はアルゲリッチ初録音。ヴァイオリン・ソナタはバレンボイムの親子共演、チェロ・ソナタは気鋭の若手チェリスト、ソルターニとバレンボイム、そして交響詩《海》のカップリング

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 交響曲・管弦楽曲

イル・ディーヴォ、待望の最新アルバムはダンサンブルでポップな魅惑のモータウン・セレブレーション!『フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ』

イル・ディーヴォ、3年ぶり待望の最新アルバムは、1959年アメリカのデトロイトで設立されて以来、数々のトップ・アーティストを輩出したソウル・ミュージックの金字塔モータウン・レコーズのヒット曲の数々をカバー。ロマンティックでエモーショナルなパフォーマンスで、モータウン・サウンドに新たな光を当てます。マーヴィン・ゲイ、スモーキー・ロビンソン、ボーイズIIメンとのデュエット・トラックも収録

クラシック クラシック オムニバス

周防亮介の最新録音は飯森範親&日本センチュリー響との共演でチャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(SACDハイブリッド)

注目を集める若手実力派ヴァイオリニスト周防亮介による、待望のコンチェルトアルバムはチャイコフスキー&メンデルスゾーン!好サポートで支える飯森範親と日本センチュリー響のアンサンブルも重厚かつ鮮やか。2020年8月、センチュリー・オーケストラハウスにて収録

クラシック 国内クラシック

イリア・グリンゴルツがシャコンヌ(チャッコーナ)にまつわる無伴奏ヴァイオリン作品を録音!(SACDハイブリッド)

近年目覚ましい活躍を見せるイリア・グリンゴルツ。今作ではバッハのチャッコーナ(シャコンヌ)に焦点を当て、この名曲からインスピレーションを得て作曲されたハインツ・ホリガー、ロベルト・ジェラール、ブリス・ポゼ、そしてJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン作品を編んだ内容。グリンゴルツは曲に合わせて楽器と弓も変えて演奏しています

クラシック 古楽・バロック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

ピエール=ロラン・エマールによる圧巻のベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番“ハンマークラヴィーア”&“《エロイカ》の主題による15の変奏曲とフーガ”

近現代の作品を得意とし、PENTATONEレーベル第1弾となったメシアンの“鳥のカタログ”もレコード芸術誌特選盤となったピエール=ロラン・エマール。そのエマールがついにベートーヴェンの大曲“ハンマークラヴィーア”を録音!中止となった2020年6月の来日公演でも披露される予定でした。カップリングは“《エロイカ》の主題による15の変奏曲とフーガ”

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

大好評、アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭BOXの第2弾が登場!“カルメン”、“ナブッコ”、“セビリアの理髪師”の3作品収録!(3枚組)

毎年夏に開催され、イタリアの夏の風物詩として人気を集めている「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」。このBOXには、巨匠ゼッフィレッリの目にも鮮やかな“カルメン”、アルノー・ベルナールのスカラ座のレプリカがヴェローナの舞台に載るという驚きの“ナブッコ”、ウーゴ・デ・アナによる巨大な迷路庭園がユニークな“セビリアの理髪師”、とアレーナの巨大な舞台を存分に生かした演出が見ものの3演目を収録

クラシック オペラ

ベルギーのダンス・カンパニー「ローザス」最新作!『6つのブランデンブルク協奏曲』

振付家アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルが主催するベルギーのダンス・カンパニー「ローザス」による最新作は"バッハの6つブランデンブルク協奏曲"!バレエの殿堂パリ・オペラ座(ガルニエ宮)で上演され、しなやかなダンスを伴奏のビー・ロック(B'Rock)オーケストラが支える注目の映像です

クラシック バレエ

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈5月第1週分〉

2021年5月第1週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします

クラシック

これから発売予定の新譜タイトルをご紹介〈5月第1週分〉

2021年5月第1週分に、新規にサイトにアップいたしましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします

クラシック

リリアン・フックスのLP初期の名盤!ヴィオラ版バッハ/無伴奏チェロ組曲全曲が初復刻!

名ヴィオラ奏者リリアン・フックス(1903-1995)の米デッカ録音のバッハ/無伴奏チェロ(ヴィオラ版)が初復刻されます。彼女の兄ジョセフはヴァイオリニストで後にクリーヴランド管弦楽団のコンサートマスター、弟ハリーはクリーヴランド管の首席チェロ奏者を務めた音楽一家。兄ジョセフとのデュオも高く評価され、彼らが演奏するモーツァルトの二重奏曲を聞いたマルティヌーは、このCDに収録されている「マドリガル」を作曲して献呈しています

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

名手シュムスキーの米アレグロ録音、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集を初復刻!

ここに復刻されたモーツァルトのソナタ集は、名伯楽アウアーの最後の弟子、シュムスキー唯一のアレグロ・レーベルへの録音(LP2枚分)。ミッシャ・エルマンとの共演で知られる室内楽の名手レオポルド・ミットマンと組んだ演奏は、ヴァイオリン専門家の間で「軽快なテンポと鋭敏・明晰な解釈ながら、深い感情や優しい親密感をも伝える」と称賛されて来たものです

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

アドルフ・ブッシュの1951年録音ベートーヴェン《春》初登場!組み合わせは第1&10番

この録音は1951年秋に、アメリカ・ヴァーモント州ダマーストンのブッシュ宅のスタジオ(古い倉庫を改装した)で行われたもので、このデュオにとって初のテープ録音であり、おそらく最後の録音と見られます。ソナタ第1番と第10番は米コロムビアのための録音でこれが初CD化。第5番「春」は、同じセッションで収録されたものの今日まで未発売であり、遺族が保管していたテスト・プレスのアセテート盤から復刻されています

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

没後25周年!クーベリック『デッカ録音全集』『The Mercury Masters』一挙発売!!

2021年8月に没後25周年を迎えるチェコの指揮者ラファエル・クーベリックの遺産が2つのBOXにまとめられました。『デッカ録音全集』(12枚組)にはウィーン・フィル、イスラエル・フィル、バイエルン放送響、ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団と行った録音が収録されています。『The Mercury Masters』(10枚組)はシカゴ交響楽団との録音全集となっています。一部、実験的なステレオ録音も含まれています!

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ヴァディム・ホロデンコの最新録音はファツィオリのピアノでチャイコフスキー:ピアノ作品集!

ハルモニア・ムンディ・レーベルでロシアのピアノ曲を精力的にリリースするヴァディム・ホロデンコ。最新盤はファツィオリで録音したチャイコフスキー作品集。“ピアノ・ソナタ ト長調”に、初期の作品である“ピアノ・ソナタ 嬰ハ短調”、名曲“四季”でとりわけ有名な“11月「トロイカ」”など収録

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

バロック・ファゴットの名手ダニー・ボンドによるフランスのファゴット音楽集がBOX化!(3枚組)

アメリカのバロック・ファゴット奏者、ダニー・ボンドが1983年から2000年にかけて録音した3枚のフランス・アルバムをBOX化。ミシェル・コレット、ボワモルティエ、ドヴィエンヌ、オジといった、ファゴットが脚光を浴び始めた頃、バロック時代からモーツァルトの時代にかけての作品が楽しめます

クラシック 古楽・バロック ブラス

聖飢魔II|デビュー35周年。魔界伝説、誕生の真実が明らかに!『聖飢魔II 読物教典 真・聖魔伝』6月6日発売|【タワレコ特典】先着:未定

地球デビュー当初、ハードロック、ヘヴィメタル界では異端児扱いされた聖飢魔IIが「いかにして不動の地位を築き、唯一無二の存在になったのか?」その軌跡と真実をダミアン陛下とデーモン閣下がじっくりと語り合い、あぶりだします。

書籍

ジュリアード弦楽四重奏団創立75周年記念リリース『コロンビア初期録音集』(16枚組)

1949年から1956年まで、コロンビア・レコードから発売されたLP16枚分の録音を、アメリカ初出盤のカップリングで再発するもので、15枚分がオリジナルマスターからの世界初CD化となります。1949年のバルトークの弦楽四重奏曲全曲、1951~52年のシェーンベルクの弦楽四重奏曲全曲のLP初録音を始め、新ウィーン楽派、ラヴェルの弦楽四重奏曲など、いずれもその後のジュリアードの鉄壁レパートリーとなった作品の原点ともいえる演奏が収録されています

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽