こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ゴールディー (Goldie)名義では19年振りのアルバム『ザ・ジャーニー・マン』

タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2017年05月25日 18:29

Goldie

 

Goldieは2017年6月に2枚組のニュー・アルバム『The Journey Man』をMetalheadz/Cooking Vinylよりリリースすることをアナウンスした。これはGoldie名義としては1998年の『Saturnz Return』以来となる19年振りのアルバムだ。

当『The Journey Man』は二つのパートに分かれており、大英帝国勲章(MBE)も授与され、MOBOミュージックアワードのウィナーでもあるソングライター/DJ/プロデューサー/ヴィジュアル・アーティスト/俳優のGoldieによって全ての曲は書かれ、プロデュースされた。また、Goldieのヴィジョンをアルバムに反映させる為、ヴォーカリスト/ソングライターのNatalie Duncan、Terri Walker、Natalie Williams、José James、Naomi Pryor、そして妻でもあるMika Wassenaar Price等がコラボレターとして参加し、フィーチャーされている。

「僕が学んだ全てのこと、僕が会ったすべての人、僕が経験した全てのことが僕の音楽の中にはある」とGoldieは語っているが、彼のこれまでの人生は信じ難い旅であった。幾つかの画期的なリリースでジャングルのシーンの未来を書き直したこの異端的イノベーターは、語るべきユニークな物語を持っている。彼はイギリスでも著名なグラフィティ・アーティストの一人で、しかも、そのコラボレーターの中にはDavid Bowie、Noel Gallagher、KRS Oneといったアーティストも含まれる、稀代のミュージシャンなのだ。

Goldieは先頃、ロンドンのアイコン的なジャズ・ヴェニュー、Ronnie Scott'sでソールド・アウトを記録した4度のショーをおこなった。自身のクラシックの曲と共に、『The Journey Man』の曲もプレイ。アルバムでのコラボレーとともに、The Heritage Ensembleとステージをおこなった。またアルバムから、俳優Stephen Grahamを起用したシングル「I Adore You」のビデオも公開した。

国内流通仕様は解説付き