こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ジョン・アダムズ自作自演!歌劇“ドクター・アトミック”全曲録音!(2枚組)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年05月18日 00:00


[Nonesuch Records 公式チャンネルより]

世界初の原爆実験を行ったマンハッタン・プロジェクトに関係したオッペンハイマー博士やその科学者たちの実験のなりゆきを描いた「ドクター・アトミック」は、ジョン・アダムズが作曲した現代を代表するオペラのひとつです。
民族音楽やポピュラー音楽との接点を模索した折衷的な作風は、フィリップ・グラスなどのミニマリズムと結びつけることによって、新ロマン主義的な傾向によって描き出しています。

ジョン・アダムズは、1972年のニクソン大統領の中国訪問を題材とした、最初のオペラ『中国のニクソン』、1985年にパレスチナ・ゲリラによってシー・ジャックされた遊覧船アキレ・ラウロ号の事件で犠牲となったユダヤ人を題材にした『クリングホファーの死』など、現代社会における出来事や事件をオペラ化しています。
この『ドクター・アトミック』は、原爆を発明したロバート・オッペンハイマーの実話によっており、2005年10月1日にサンフランシスコ・オペラで初演され、原子爆弾の発明という世界現代史の中で、重要な意味を持つ出来事を題材としたものです。その後もネザーランド・オペラ、シカゴ・リリック・オペラ、2008年にはメトロポリタン・オペラでも上演され更に話題となりました。

これまでの上演では、ドナルド・ラニクルズ、アラン・ギルバートらが指揮をしてきましたが、この演奏では作曲者自身ジョン・アダムズがタクトをとっています。「これまでの彼の最も先見の明による野心的な演奏」「凄い信念とユニークな権威で、スコアの美しさのすべてをさらけ出した、スリリングな管弦楽と合唱」と高い評価を得ています。また初演からオッペンハイマー博士役のほとんどを、バリトン歌手ジェラルド・フィンリーが歌っていますが、この演奏でも彼が歌っており、「オッペンハイマーの道徳的な苦悩を、洗練された繊細さで伝えた名唱」と評価された素晴らしい演奏です。
(ワーナーミュージック)
【収録曲】
ジョン・アダムズ:歌劇「ドクター・アトミック」(全曲)
(台本:ピーター・セラーズ)

【演奏】
ジェラルド・フィンリー(ロバート・オッペンハイマー)
ブリンドレイ・シェラット(エドワード・テラー)
アンドリュー・ステープルズ(ロバート・ウィルソン)
ジュリア・ブーロック(キティー・オッペンハイマー)
ジェニファー・ジョンストン(パスクァリータ)
オーブリー・アリコック(グローブス将軍)
マーカス・ファーンズワース(フランク・ハバード)、他

ジョン・アダムズ(指揮)
BBC交響楽団
BBCシンガーズ

【録音】
2017年4月24-25日、ロンドン、バービカン・センターでのコンサート形式によるライヴ (一部スタジオ録音部分含む)