こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

サンダーキャット(Thundercat)のプロデューサーも務めた、ルイス・コール(Louis Cole)が〈Brainfeeder〉と電撃契約しアルバム『TIME』をリリース

タグ : UK/US INDIE クラブ/テクノ ソウル/R&B タワレコメン

掲載: 2018年07月05日 11:04

Louis Cole

クインシー・ジョーンズが賛辞を送り、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは自らのワールド・ツアーの前座に指名、超絶ドラム・プレイヤーでありながら、サンダーキャット大ヒット作『ドランク』にも曲を提供するLA屈指の異能ルイス・コールが待望のニュー・アルバムを設立10周年を迎えた<Brainfeeder>よりリリース!!

ビーチボーイズやマイケル・ジャクソンを彷彿とさせる高いソングライティング能力にスウィートなファルセット・ヴォイス、そして強烈なファンクネスが同居する本作は、シュールなMVとリズミックなタンギングが強烈なエレクトロ・ファンク「Weird Part of The Night」で幕開け。自身のユニットであるノウワーの相方ジェネヴィーヴ・アルターディを迎え、70年代後半のEW&Fに西海岸Gファンクを掛け合わせたような先行シングル「When You're Ugly」、往年のファンには堪らない「Everytime」や「Phone」、「Things」といった曲ではより深化した形でビーチ・ボーイズの影響が消化され、まるでプリンスが憑依したかのような名バラード「After The Load is Blown」まで披露。

ゲストには盟友サンダーキャット、現在のジャズ・ピアノ界のトップに君臨していると言っても過言ではない鬼才ブラッド・メルドー、そしてルイスを<Brainfeeder>へと引き合わせたデニス・ハムらが参加。ポップ・ミュージック史上にその名前が刻まれるべきマエストロ=ルイス・コールのその類稀なる才能が炸裂した決定盤!!