こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ダニエル・ミュラー=ショット、こだわりのR.シュトラウス作品集~チェロ・ソナタ、交響詩“ドン・キホーテ”、他

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年05月30日 00:00


[Orfeo International Music GmbH 公式チャンネルより]

ダニエル・ミュラー=ショット、こだわりのリヒャルト・シュトラウス作品集

2017年、ダニエル・ミュラー=ショットがオーストラリアで演奏した「ドン・キホーテ」。一度は別のアルバムの一部としてリリースされたものの、「リヒャルト・シュトラウスのチェロ作品だけでリリースしたい」という彼自身の希望で、Orfeoレーベルより新たな組み合わせで発売されることとなりました。新カップリングは初期の作品である「チェロ・ソナタ」と、このアルバムのために編曲したという「献呈」と「愛を抱いて」の2曲の歌曲のチェロ版というもの。

33歳の時に作曲された描写的な「ドン・キホーテ」は、シュトラウスの作曲技法の円熟を示すとともに、彼がどれほどチェロの音色を愛していたかの証明ともいえるユニークな作品で、ミュラー=ショットは色彩豊かな音色を駆使し、シュトラウスの描いた世界を表現しています。

バックを務めるメルボルン交響楽団はオーストラリアを代表するオーケストラの一つ。音楽監督を務めるアンドリュー・デイヴィスのもと、毎年150回以上のライヴ・コンサートを行いテレビ、ラジオ放送を通じて350万人以上の聴衆に音楽を届けています。サンチョ役を務めるヴィオラのムーアはメルボルン交響楽団の首席奏者です。

シュトラウスが18歳の時に彼の友人ハンス・ヴィーハンのために作曲した瑞々しい感性溢れる「チェロ・ソナタ」、および歌曲で伴奏を務めるヘルベルト・シュフはドイツの伝統を継承する実力派。ここではミュラー=ショットとともにシュトラウスの華麗な世界を歌い上げます。
(ナクソス・ジャパン)
【曲目】
リヒャルト・シュトラウス(1964-1949):
1-3.チェロ・ソナタ ヘ長調 Op.6
4.献呈 Op.10-1(チェロとピアノ編)
5.愛を抱いて Op.32-1(チェロとピアノ編)
6-19.交響詩「ドン・キホーテ」Op.35

【録音】
ダニエル・ミュラー=ショット(チェロ)

ヘルベルト・シュフ(ピアノ)…1-5
クリストファー・ムーア(ヴィオラ)…6-19
アンドリュー・デイヴィス(指揮)…6-19
メルボルン交響楽団…6-19

【録音】
2019年1月17日 ドイツ放送、室内楽ホール…1-5
2017年6月21-26日 メルボルン、ハーマー・ホール・アーツ・センター…6-19