こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)通算4作目となる最新スタジオ・アルバム『Hotel Diablo』をリリース

タグ : PUNK/EMO ラップ/ヒップホップ

掲載: 2019年08月26日 14:52

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)アルバム『Hotel Diablo』

UK出身の若きロックスター=ヤングブラッドとblink182のドラマーにして人気プロデューサーとしても活躍するトラヴィス・バーカーをゲストに迎え、エモいロック・ナンバーに挑戦したヒット・シングル「アイ・シンク・アイム・オーケイ」を収録した、マシン・ガン・ケリーの通算4作目となる最新スタジオ・アルバム『ホテル・ディアブロ』がリリース。

先行シングルとして5月にリリースしリンキン・パークのチェスターに捧げた内容として話題となっていた「ハリウッド・ホォー」や「アイ・シンク・アイム・オーケイ」でのロックなアプローチでも分かるように、今作では自身の音楽性やパフォーマンス・スタイルの幅をさらに広げています。リル・スカイズやトリッピー・レッドらの新進気鋭のヒップホップ・アーティストだけでなく、マシン・ガン・ケリーの代表曲となったカミラ・カベロとの共演曲「バッド・シングス」やエイバ・マックス「スウィート・バット・サイコ」等のヒット曲の共作者として注目度急上昇のソングライター/アーティスト=マディソン・ラヴや、シアトルのEDMデュオ、オデッサのヒット曲「ハイヤー・グラウンド」に参加していた女性シンガー=ナオミ・ワイルド、G・イージー「ジャスト・フレンズ」でフィーチャーされ注目を集めた個性派女性アーティスト、フェムなど若くフレッシュな才能をフックアップしているのも印象的。

 

【収録曲】
1. Sex Drive
2. El diablo
3. Hollywood Whore
4. Glass House
5. Burning Memories
6. A Message From The Count
7. FLOOR 13
8. Roulette
9. Truck Norris Interlude
10. Death In My Pocket
11. Candy
12. Waste Love
13. 53666
14. I think I'm OKAY

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)